FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.07.11 Wed
 先月、ブロードリーフさんから声を掛けていただき、東車協のミッチェル勉強会に出席させていただきました。勉強会後の懇親会も含め、ブロードリーフさんと東車協の役員さんには、お世話になりました。遅ればせながら、ありがとうございました。

 勉強会に出席して分かったのは、国内でミッチェルを学ぶ人は、全員が日本語版を基にしていることです。日本語版の翻訳には、奇妙な部分が多々あります。以前から疑問を感じていました。マニュアルの内容も、10年以上前のと見比べると、変化しています。理由も含めて知りたいことはありましたが、情報の出どころが同じでは、限界があります。

 製本会社に翻訳を丸投げしているとの話で、業界と無関係の方が翻訳している様子です。どうりで奇妙なわけで、なるほどと思いました。となれば自力で、原文から解読するしかありません。手元に2018年版ミッチェル海外版全巻とマニュアルは揃っています。腹を決めました。連日、時間を決めてNIRAME.COしてます。グーグル先生を頼りに解読していくうちに、気がつくと、そこそこ読めるようになってきました。日本語の本を読むのと同じ感覚に近くなっています。たぶん来年には、喋りながら解説できるレベルになっていると思います。というか、なるつもりです。

 欧米人が作ったマニュアルと、日本人が作ったマニュアルとでは、根本的な部分に違いがあります。日本人が作ると、プロ或いはセミプロを対象にしている場合が多いです。欧米人の作るマニュアルは、もっと対象の幅が広いです。だから解読時は、そのつもりで文面を受け取ることが大事です。ミッチェルの一般的な解釈には、誤りがあることも分かってきました。自分の勉強も兼ねて、年に何回かはミッチェルネタで、ブログを書くつもりです。これはライフワークとして取り組みます。

 アジアンを使用した同一車種同一作業での、自研指数との比較検証も進んでいます。自研指数に前提条件を可能なかぎり合わせ、それに作業性や作業量を加味した参考数値を作成しています。こちらはデリケートな問題です。むやみにネット上に数値を掲載したら、それだけが勝手に独り歩きしそうで扱いに迷う部分もありますが、参考数値の根拠まで理解してから使ってもらいたいです。作業部位ごとの補足説明書も必要かな。

 今月24日に名古屋で、中部車協連の会議がおこなわれます。各県の理事長さん達の会合です。リペゾウはメンバー外だけど出席して、料金体系基準の調査研究事業の説明というテーマで、比較検証事業の経過報告をおこないます。合間の時間を使って、プレゼン用の資料作りに励んでいます。日車協連の組織を通じて、やがて皆さんのところにも、資料が流れていくと思います。後になって恥ずかしいと、感じることが無いものを出します。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2018.07.04 Wed
 沼津の海岸線は、総延長で47キロあります。リペゾウの住む片浜地区は、その西側。千本松原という10キロに亘る松林の、東端から西へ3キロほどの地区です。年に1回、自治会主催の松並木と海岸の清掃活動があります。今年は海岸清掃が担当で、久しぶりに片浜海岸に出向きました。

 DSC_0006.jpg DSC_0007.jpg

 子供の頃の夏休みの遊び場です。小学生の頃は、毎日のように泳いでいました。昔と一見の風景は変わりませんが、足元を見ると、時代を感じます。ゴミの中に、多量のプラスチックが混じっています。この類は、昔は殆ど無かったです。

 DSC_0011.jpg DSC_0013.jpg  

 触るとボロボロで、崩れて粉のようになったりします。お魚さんの体内に入って、やがては人の体内にも入ります。ヤバいですやたらに道端に捨てるのは不味いです。

 特に気になったのが、使い捨てライターの半端ない多さです。鈑金屋の納税意識は高く、意思も半端なく強いです。それに比例して、同業者の喫煙率も高いです。先月も5人で東京に行きましたが、煙草吸わないのはリペゾウだけ。なんと喫煙率80%でして肩身が狭かったです。ガンガン吸って納税するのは良いと思いますが、使い捨てライターはポイ捨てしないよう、気をつけましょう。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


2018.06.27 Wed
 水性塗料オニキスの廃液が、だいぶ溜まってきました。処理することにしました。

廃液処理 (1) 

水を足して攪拌します。

廃液処理 (3)

廃液処理 (4) 

水性塗料専用の凝固剤を投入します。塗料内の水分と反応します。

廃液処理 (5)

 廃液処理 (6) 

攪拌していくと、数十秒で固まりだします。

廃液処理 (8)

廃液処理 (9)

廃液処理 (10) 

日に当てて、内部の水分を抜きます。日に日に凝縮し小さくなっていきます。最終的には、手の平大の大きさになります。産廃ボックスに入れて、プラごみとして処理してもらいます。

廃液処理 (12) 

廃液処理  

DSCF1984.jpg 


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



2018.06.20 Wed
 ドアパンチを食らって入庫です。見た目はさもないけど、ボデー色が黒だと、微妙な歪みが目立ちます。鈑金してパテ付けし、サンディング後にサフコートして加熱すると、微妙に歪みが広がります。手のひらの感覚を頼りにチェックしていきますが、かなり気を使います。

ムーブ ドアパンチ (1)

ムーブ ドアパンチ (2)

フロントドアのエクボ修理はサービスです。

ムーブ ドアパンチ (3)

ムーブ ドアパンチ (4)

 この程度の損傷でも、修理個所が分からないレベルにするには、それなりの手間が掛かります。請求は5万程になりますが、作業内容と見比べれば妥当と思います。もっと低価格で修理することも可能ですが、その分だけ仕上がりレベルを下げざるをえません。修理依頼した工場と相談して、予算とバランスの取れる内容の修理にすれば良いかと思います。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2018.06.13 Wed
 馴染みのKさんが、社外スポイラーカバーを持ち込みました。ボデー色で塗装してから、リヤスポイラーの上に両面テープで張り付けてくれとの依頼です。なんか、物がチャチイので心配です。作業前にリヤスポイラーを取外し、上に被せてみました。案の定、形状が合っておらず隙間だらけです。サーキット走行が趣味ですから、両面テープだけではすっ飛びそうです。連絡を入れ、構造用接着で一体化させることにしました。

S660スポイラー (1) 

 FRP素材は加熱すると、ある程度までは形状修正が可能です。型合わせして、反りが限度を超えてる部分には、事前に切れ目を入れておきます。カバーに接着剤を塗布してスポイラーに被せ、要所をバイスやクリップで挟んでいきます。

S660スポイラー (2)
 
 角の部分にも、エアーソーで切れ目を入れておきます。この状態で加熱しながら挟みこむと、スポイラーと隙間なく密着します。はみ出た接着剤が隙間に流れ込んで、切れ目の穴は塞がります。

S660スポイラー (3)

 S660スポイラー (4)

S660スポイラー (5)

S660スポイラー (6)

S660スポイラー (7)  

 2日ほど放置してからバイスを外すと、完全に一体化しています。サンディングして下地を作り、上塗りして完成です。ここから先の画像が消えてしまいました。純正品みたいに綺麗に仕上がったのに残念です。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと