車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2011.04.13 Wed
 品質と価格のバランスから、中古部品は全体的にお得ですが、中でも足回り部品のコストパフォーマンスは高いです。新品部品使用時と比べた時の価格差は大きく、種類も豊富で手に入りやすいです。

 マックス サス梱包  マックス サス 中古  代車のマックス君用

 社用車の修理時など多用してますが、人によっては、足回りの中古部品使用を嫌がる方もいます。これは何故かと考えますと、部品の多くが全損車から取り外された物である事が一因と思われます。

 自動車衝突試験の高速映像を分析した方なら解ると思いますが、衝突時の衝撃は強烈です。全面衝突の車は反動でリヤサスが底着きします。右側からの側面衝突では、左側のサスペンションの変形は間違いないと見うけられます。乗員の生存空間を確保するためにボデー剛性が高まった分、相対的にサスペンションの剛性は下がりました。メーカーによっては、意図的に剛性を下げている感じも見うけられます。となると、全損車から外されたサスペンションは変形している可能性もありえます

 中古部品で組み上げたサスペンションに狂いが発生してる可能性はありえますが、リペゾウとしては、確率的には大変低いレベルと推定します。理由は2つあります。

1 衝突試験は時速55㌔でバリアに衝突させます。オフセット衝突試験車の損傷確認をさせていただいた時、車の最後部まで衝撃が波及し抜けた痕跡が残ってました。年間500台以上の事故車を数十年に亘り見続けていますが、これだけ大破した状態の車両に出会う事は稀です。100台に1台くらいかな…殆どの場合、運転者は無意識のうちにも回避行動します。速度は相当に低下しますし、対象が固定物でなければ、力のロスも発生します。大半の事故車は、衝突試験に比べると軽い損傷です。損傷部以外のサスペンション部品が変形する事は稀です。

2 中古部品商さん達の商品規格は、かなり厳しいです。全損車から外され商品化していく段階でチェックされ、問題ありそうな部品は流通から外されます。一昔前になりますが、ユーパーツさんの本社を見学させていただいた時、感銘を受けましたしかっりしている。たぶん今は、もっとしっかり仕事してると思ってます。

 以上の理由から足回り中古部品の使用は問題ないだろうと思います。そして工場では、修理後の完成検査としてのアライメントチェックと試乗走行してます。万が一、部品に問題あれば、この段階で解ります。プロとして、走行に不安ある状態での納車はできません。ご安心ください。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
ユーパーツの鈴木です。いつも有難う御座います。毎回拝見しております。中古部品についてのコメント感謝しております。品質の良い商品を安定供給出来るよう、日々努力して参ります。今後とも宜しくお願い致します。
2011.04.27 Wed 11:06 URL [ Edit ]
リペゾウ
 お世話になってます。より頑張っていただければ助かります。期待してます。それからムーブのドアの赤伝が届いてないみたいです。確認お願いします。
2011.04.27 Wed 20:31 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/73-1ec06422
Template by まるぼろらいと