車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2010.11.24 Wed
 尖閣諸島事件に端を発した日中関係の緊張が続いています。少し前に中国本土での対日デモを見まして、いろいろ考えさせられました。

 尖閣 デモ  正しいと思いデモっているんだろうな

 グーグルの中国本土からの撤退事件なんてのもありました。情報統制され閉塞状態のまま、世界と付き合っていけるのでしょうか情報を可能なかぎりオープンにし、個々が自ら取捨選択できる状態こそベストだと思いますが、上に立つ人達から見ると不安なんでしょうリペゾウごとき愚かな大衆は指導しなければと使命感に燃えているのかも … 

 何処の世界でも似たような構図があります。板金業界も同様で、一見は情報が豊富なように見えますが、かなり意図的に操作されている部分もあります。たとえば、この修正機でないと正確には直せない、なんて話もそうです。自分の道具に愛着を持つのは理解できます。私もそうですから。でも世界が狭い。世の中には様々な道具や材料、使用法があり、自分の体験できるのは、その中の極一部だけでしかありません。

 修正機という名称こそ付いていますが、セットするだけで勝手に直してくれません。直すのは職人さんです。どんな修正機を使用しても直せます。それが職人です。ただ種類により、修理方法等の得手、不得手があります。どのタイプの損傷や修理方法でも、万遍なく得意とする修正機はないです。Aタイプなら5分で直せる損傷に、Bタイプだと1時間掛かる事もあります。損傷状態や修理方法が変わると、AとBが逆転したりします。

 趣味でなく商売として板金塗装業を営んでいます。時間が大切ですから、自社に入庫する車種や、最も求められる修理方法を考慮しての道具選びです。どのタイプを購入するにしても高い買い物です。床式が安いと思ったら大間違いです。単品パーツは安くても、性能を発揮するには、800万前後の総投資額が必要です。

 周囲に惑わされず冷静に自社を分析し、正しい選択ができれば、高額の投資も安い買い物です。私と仲良しの職人さんの1人は、ユニバーサルタイプのジグ式修正機を選びました。彼のも、年中フル回転の状態です。経営的な制約がなければ何種類もの修正機を揃え、入庫車の車種や損傷状態、修理方法に応じて使い分けられたら理想です。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/53-e6331b3f
Template by まるぼろらいと