車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2010.11.03 Wed
 久しぶりに、仲良しのレッカー屋さん、オートレッカーの榊君の所に遊びに行きました。車両置場にいた彼の元に近づいていきますとこれは一体なんだろう

 カットムーブと榊君   一体どんな事故に遭ったら、こんな状態になるのか

 初代ムーブですけど、文字通り、切り刻まれた状態です。興味深深で観察します。細部まで、よく見ると …

 カット ヒンジ  カット ストライカー 
 
 ドアヒンジやロックストライカーが切断されていますが、切断面はニッパーのような物でカットしたみたい感じです。でも、ここでドア本体が支持されていますから、凄く硬く、頑丈に作られている部分です。どんな工具で切断したんだ気になる、気になる


 実はこれ、地元消防署のレスキュー訓練に使用された車だとの事。消防隊員は、自動車事故で車内に閉じ込められた負傷者を、短時間で救出する訓練も、しているようです。エンジンカッターや大型のニッパ状の工具等を使用して行なうみたいです。工具に習熟していないと不味いですし、どの部分をカットするかで作業時間が変わります。隊員さん達は、事故現場での瞬間的な判断を要求されますから大変だと思います。

 榊君、事故現場で警察官や消防隊員の方と一緒にいる機会が多いです。限られた予算の中で、訓練用の実車の確保に苦労していると聞いてから、定期的に様々な解体車を無料提供しているそうです。実際の事故現場で、どんな車種に遭遇するか解りません。できるだけバラェティーに富んだ車種を持ち込みたいので、現在は1BOXを探しているようです。

  長年お付き合いしていたけど、こんな側面があるなんて知らなかったな自分じゃ言いにくいだろうから、俺が代わりに言ってやろう 榊君、偉いぞ




FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/50-6732deef
Template by まるぼろらいと