FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2020.02.12 Wed
 道交法が改正され、特定整備なる制度が4月1日から始まります。特定整備認証を取得しないと、猶予期間後には、ASVのフロントバンパやフロントガラスの脱着さえできなくなります。鈑金屋にとって影響の大きい法律です。今は先ずコンプライアンスです。この特定整備認証だけは、とにかく取る。それ以外の選択肢はありません。

 静車協会員に対する説明会を県内各所で、準備のできた地区から始めています。未だ組合としての基本方針すら確定していませんが、理事会の審議を待つ余裕がありません。4月に入れば、法律が施行されます。三役の独断で、正規手順を無視しました。下記は出席する会員さんに、そのあたりの経緯を説明するために作った文章です。

「特定整備に対する静車協の取り組みについて」

1. 2019/10/21、国交省主催の「特定整備制度の方向性についての説明会」に三役で出席。
2. 翌22日、静車協グループラインを使用して、「中間とりまとめ案」を送信。特定整備に関する、静車協会員の情報共有を図る。会員間での情報の拡散や議論が始まる。
3. 理事長が静岡県整備振興会本所を訪問する。振興会専務と会談を重ね、特定整備に関する国交省の基本的な考え方等についての情報収集をおこなう。
4. 何度も会談を重ねる中で、静車協会員の特定整備認証取得段階での、静岡県整備振興会からの全面的バックアップの確約を得る。
5. 静岡本所以外の東部支所・西部支所も訪問し、同様のお願いをする。静車協組合員からの問い合わせに対する、窓口担当者を決めていただく。
6. 静車協会員事業所の、認証取得等の状況についての再調査をおこなう。

7. 2020/1/16、三役を交えた静車協企画委員会を開催。特定整備に対する静車協としての対応について、協議をおこない基本方針(案)を確立する。
8. 基本方針(案)
① 静車協全会員は、特定整備認証を取得する。
② 静車協全会員は、法律施行日から1年半以内での認証取得を目指す。
③ 静車協全会員の認証取得に伴い、整備振興会への加入を推奨する。
④ 無資格会員へ、次年度開催の車体整備士講習の受講を推奨する。


9. 2020/2/5~2/13にかけて、静岡県内5地区で、静車協基本方針についての説明会を開催する。静車協全組合員に出席を要望。
10. 2020/2/15に整備振興会静岡本所、2/22に整備振興会東部支所、2/29に整備振興会西部支所にて、国交省補助金を利用してのエーミング講習を開催する。静車協全組合員に受講を要望。
11. 2020/2/21、静車協理事会を開催し、基本方針(案)についての審議をおこなう。特定整備に対する、静車協基本方針を確立する。

 理事長の腹が座っているので、その下で動くリペゾウも楽です。組合員を豊かにするために組合があり、組織の存続などは二の次。先ずは組合員のメリットです。その後は成り行きですが、感傷に囚われないことが大切です。物事は全て、始まりがあれば終わりがあります。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/492-d8a2e50d
Template by まるぼろらいと