車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2010.10.27 Wed
 色相に影響を与えている3種類の原色の特性と、1Lあたりの含有量です。

  300(バイオッレット) 赤味のある紫で、スカシが独特の黄味を帯びる  88.0g

  400(フタロブルー1) 正面とスカシに赤味が出る、さえた青です     100.6g

  406(フタロブルー3) 正面とスカシに黄味が出る青です          252.0g

 赤味のみが強くなるよう、上記の設定を変更します。順番に考えます。先ずの300ですが、カラーサークル上の位置からみても、増量で赤味が強くなる事は間違いありません。しかしスカシ方向で黄味を帯びるとなると、考え物です。

 次にの400を増量すれば、赤味と青味が強くなります。の406を増量すれば、黄味と青味が強くなります。青味は現状レベルで適正です。カラーサークルで青色を中心に考えますと、赤色と黄色は両翼になります。さてと… できるだけ単純に考えます。 400と406の2原色で青味が決まります。同時に400の持つ赤味と406の持つ黄味のバランスで基本的な色味が設定され、最後に300の混入量で補正していくと考えます。

 先ず300を変更対象から外し、400と406の2原色に絞ります。両方で1Lあたり352.6gが混入されています。この総量は変えませんが、2原色の混合割合を変更します。配合表では400と406の混合割合は、重量比で約30:70ですが、これを試しに、40:60にします。黄味のある406を減らし、その減量した分だけ、赤味のある400を増やします。他の原色はいじりませんから計量も楽です。こうしますと、全体の青味は、さほど変わらない状態で、赤方向にスライドする筈です。試しに少量だけ調合し、テストカードに吹き付けてみました。

 20P 調色済み  左がテストカードで右がボデーカラー 

 スライド量は経験とカンで推測しましたが、ほぼドンピッシャです昔は、こんな単純な事で苦労しました。これを読んでいる新人職人さん達原色特性を覚えて合理的に、そして単純に考えます。調色作業は平均10分以内が目標です。各塗料メーカーさんのカラーツールやマニュアルは整備されています。使いこなせば、不可能 ではありません。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

 
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/49-c1ccc929
Template by まるぼろらいと