FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2019.01.16 Wed
④仕上げサンドがけとバフがけ作業、遺物除去と最終仕上げ作業について

 ミッチェルのProcedure 28-Refinish Procedure(塗装手順の解説)の中に、Finish Sand & Buff(仕上げサンドがけとバフがけ)という項目と、De-nib & Finesse(異物除去と最終仕上げ)という項目があります。この2項目の作業内容は重複しているので、適用時に戸惑います。ミッチェルの歴史を考慮して考えます。70年前はラッカーの時代です。仕上げサンドがけとバフがけという項目は、この当時に作られました。

 ラッカー塗装したパネルは全面に研ぎを入れ、バフで磨きながら肌調整と艶出し作業をするのが一般的です。現在のウレタン塗料では、塗りながら肌調整をおこないます。塗り終わった時点で、軽なら軽に、高級車なら高級車に見合う肌に仕上がっています。磨かなくても、充分な艶があります。ブース内での作業が一般的です。塗装中に異物が付いた部分だけを、ピンポイントで研いで磨きます。時代が変わり塗料も設備も作業内容も変わり、異物除去と最終仕上げという項目が追加されました。つまり2項目のうちの1項目を、どちらかを加算するのが、正しい使い方となります。

⑥塗装材料代の扱いについて

 ミッチェルの塗装工数には、塗装材料代は含まれていません。別途で請求します。ちなみにミッチェル工数全てにおいて、作業に伴う材料代は含まれていません。パネル取替作業や鈑金作業に伴う、ペーパーやスポットドリル等の消耗品代も、別途で請求します。

⑦ミッチェル塗装工数簡易計算表

 手順解説を読まない方でも、誰でも簡単に塗装工数を算出できる計算表を作りました。手書きで使用します。上から順に、1から4までは、ミッチェルの掲載工数を入れます。そこから下は項目内の指示に従い、数値を入れていきます。次週のブログで、30プリウスでの使用例を掲載します。初めて見る方にとっては、かなり衝撃的な内容になります。 続く
塗装工数簡易計算表
FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/486-e2bb06ec
Template by まるぼろらいと