FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2019.01.30 Wed
ミッチェル解読ポイント ④

 ミッチェルと自研指数のどちらも、メーカーマニュアルを基本にした作業を想定しています。数値作成時の対象となる、作業自体に差はありません。同一車種の作業部位ごとの比較をおこなうと、双方の想定している作業は基本的に同じです。但しミッチェル工数では、作業部位によっては、他部位の作業を含む場合があります。ですからミッチェル使用時は、部位ごとの手順解説や注釈を必ず確認して、重複請求が発生しないようにする注意が必要です。この点に関しても、やはり歴史を考えなければいけないようです。

 ミッチェル内に、 Times for some operations are applicable after necessary bolted, attached or related parts have been removed という文章があります。意訳すれば、「主体作業をおこなうに必要な、ボルト系部品や関連部品を取り外す作業時間は、主体作業時間に含まない。」といったところですか。これが最も古いルールと推測します。70年前のミッチェルは、現在よりシンプルだったのは間違いありません。車自体が変化していく中で、ルール内に収まらない部分が多発して、手順解説で処理したと。やがて手順解説内でも処理できなくなり、作業部位内に注釈を付けて、特例として処理するようになったのだろうと考えています。

 我々は自研指数に慣れていますので、ミッチェルを異端と感じます。ですがミッチェルに慣れてくると、双方とも似たり寄ったりで、どこで区切るかだけの差です。同一車種・同一作業での数値差の発生は、統計処理の違いが影響した結果と推測しています。この点に関しては、自身が統計学を学び直す必要を感じました。一から勉強し直してます。今の段階で言えるのは、40年前に自研指数を作った方々は、かなり野心的だったという事くらいですか。現状の自研指数には、残念ですが、作成者側の主観しか感じられません。ミッチェルにも問題はあります。でも客観的な実態がある分だけ、まだミッチェルの方が納得できるし信用できます。

 昨年から長々と続けてきた解読は、ここで一休みとします。来年度の組合事業の一環で、ミッチェル講習会(中級編)を予定しています。夏休み後くらいになるかな。それに備えて、充電期間に入ります。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

 暫く前から、厚労省の統計不正問題がメディアを騒がしています。この件に関しての明確な問題点は、法律で決められたとおりにデーター取りしていない点です。データ取りに掛かる手間暇を考えると、法律自体を変えて経費削減した方が良いと思います。偏ったサンプル抽出でなければ、正確な判断材料になったはずだけど。どこで誤ったのか、興味が湧きます。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/483-c2860085
Template by まるぼろらいと