FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.09.26 Wed
 お得意さんから、「走ると振動が。」と電話です。そのまま来社してもらい、同行して試乗です。乗って即、分かりました。「この車、寿命です。修理できるけど、半端なく費用が掛かりますよ。諦めて、買い替えましょう。」と返答しました。16年落ち、20万キロ越え。新車から、よくぞ乗りました。

 次の車が見つかるまでの代車を出して、確認の為に片側タイヤを外しました。案の定です。サスペンションロワアームのブッシュがボロボロです。この調子だと、他も似たりよったりの筈。限界を超えました。1年前から、もう無理とアドバイスしていたのですが、未だ大丈夫と乗り回していたんですね。気持ちも分かるけどなぁ

ゴムヘタレ (1)

ゴムヘタレ (2)

ゴムヘタレ (3)

 車のエンジン・ミッション・サスペンションは、ボデーにガッチと付いているわけではありません。間にはゴムブッシュやマウントが挟まっています。見方によっては、宙に浮いている状態です。ゴムは経年変化で弾力が無くなり、やがて割れます。1個2個じゃなく、沢山あります。全部を取替たら、凄い金額になります。お金を掛けて直しても、他の部分が壊れる可能性も高いです。だから未だ大丈夫なうちに、腰を据えて次の車を探す方が、経済的には絶対お得です。諸行無常。手を入れ続けない状態で、永遠に乗れる車はありません。別れの日が訪れます。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


 昨日からテレビもネットも、貴乃花親方の引退騒動一色です。現役時の実績は群を抜いていますし、当時の雄姿は、未だに目に焼き付いています。それだけに惜しいなという気持ちです。反面教師として、彼を見ています。怒りはエネルギーで、人を大きく成長させます。でも怒りが強すぎると、自らも焼いてしまいます。だから流すことも覚えないと辛いです。

流すというのは、許すというのとも違います。現実に許せない人や、許せないことはあります。人間には感情があり、電源を切ってリセットなどできません。でも、それはそれであって、過ぎ去ったことに心を動かさないことが大事です。感情は激流と、古の聖人は言いました。呑まれたら、簡単には浮かび上がれません。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/469-d32dca68
Template by まるぼろらいと