FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.09.05 Wed
 リペゾウが免許取り立ての頃では、新車から5年も経つと、腐食でボデーに穴が開いてきました。そろそろ買い替えろというサインです。今の車では、10年落ちでも考えられません。10万キロ越えても故障しないし、1台の車を長期間に渡って乗る方が増えました。それに伴って増えてきた仕事が、塗膜の劣化補修です。一昔前なら〇〇チャビンとか平気で言いましたが、今時そんな差別用語を言えば刺されます。

禿茶瓶 (1)

禿茶瓶 (2)

 国産車の塗膜の性能は、飛躍的に上がっています。量販車レベルでは世界最高水準と思いますが、さすがに15年近く経つと、経年変化で割れてきます。まだ乗りたいから修理してと持ち込まれますが、普通に見積すると、えっ!と驚きます。劣化した塗膜全体を剥離後にサフコートして、下地を作ってから再塗装します。けっこうに手間暇が掛かります。修理金額も高くなります。

 なんとかリーズナブルにという要望に答えるため、最近おこっているのが、塗膜表面の部分剥離です。劣化の程度にもよりますが、大概は表面のクリヤーコートとカラーベースで、劣化は止まっています。その部分だけを剥離して下地を作り、そのまま上塗りします。ブツ取や磨きもせずに終了です。手間を省いたぶんだけ、お安くできます。これで充分という方が多いです。

 エアーサンダーに180~240番のペーパーをセットして、劣化してる部分だけを削ぎ落としていきます。局部的な凸凹や深い傷が入らないよう、手の平の感覚を頼りに平らに、段差ができないように削ぎ落とします。ある程度まで削ぎ落としたら、ペーパーを360~600番に変えながらの仕上げ研ぎです。自分で言うのも何ですが、単純な作業ですが、難易度は半端なく高いです。生粋の職人なら短時間でやりますが、普通は無理です。下地を凸凹にして、部分的には鉄板まで出して、再サフコートするのがおちです。

禿茶瓶 (3)

 2時間ほど掛けて、フードとルーフの劣化部分を一皮剥きました。かなり疲れます。

禿茶瓶 (4)

禿茶瓶 (5)

 このまま脱脂清掃・マスキングして、上塗りしたら終了です。あと5年くらいなら、充分もちます。

禿茶瓶 (6)
禿茶瓶 (7)



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/465-0a679b2c
Template by まるぼろらいと