車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.05.30 Wed
 5月20日は、静車協第44回通常総会でした。平成30年度事業計画の一つとして、「料金体系の基準に関する調査・研究 」を提案し、承認を得ました。43年間に亘って構築された自研指数と、それに基づく料金体系の見直しです。今年度より継続して取り組んでいきます。他県車協の皆様も、ご協力お願いいたします。下記が静車協の事業提案書です。


自研指数の見直しについて

自動車鈑金塗装業の料金体系は、自研指数を基準として算出されることが一般的となっています。しかし自研指数は下記のような、大きな問題を抱えています。

1. 自研指数作成時の前提として定められている6つの標準条件のうち、標準作業者は単なる概念(イメージ)であって実態が無い。実態が無いから数値化できないし、標準作業者の関わる作業の正確な再現もできない。

2. 故に自研指数の正確な検証作業は不可能であり、指数値が本当に正しいかどうかは、誰にも分からない。

3. 作業者の技術レベルは、計測数値に大きな影響を与える。作業者の技術レベルを意図的に変えれば、計測者の望む方向に計測数値を動かすことも可能である。第三者を交えずに、自研センター関係者だけで作成された自研指数の公正には、疑問が生じる。

つまり自研指数は、損保が主張するほど公正明朗な数値ではないということです。論理的には大きな矛盾を抱え、正確な検証作業もできない状態となれば、指数値の信憑性にも、疑問を感じざるをえません。

またミッチェルデーターブック及び日整連整備標準作業点数表と、自研指数との比較検証をおこなうと、自研指数の特異性が際立ってきます。同一車種で同一作業した場合の数値は、作業部位によっては、著しい差が見られます。このことから自研指数作成時の作業者の技術レベル設定は、他の基準よりも高いことが推測されます。

アジャスター制度が半ば崩壊し、近い将来にAIが、自研指数を基準として損害査定する時代に入ると予想されています。このような状況下で、今後も問題を抱えた自研指数を現状のままで、修理料金算出基準として使用していくことには危惧を覚えます。

静車協としては、日車協連という組織単位で修理料金算出基準の適正化の研究・検討をおこない、また関係諸団体とも連携を図りながら、損保及び自研センターとの協議の開催をおこなうことを提言していく所存です。

 

 自動車鈑金塗装は、我々の商品です。我々が主体となり、商品の売値を決めていく。勿論そこには、買い手側である生活者の意向を考慮する必要があります。保険対応するかどうかというのは全く別の話でして、我々の視線は、エンドユーザーである生活者に注ぐべきです。今まで50万で修理できたものが80万になったら、そんなお金出してまで修理しないと言われるかもしれない。場合によっては、レートの引き下げも考える必要があります。

 理想的には日車協連が中心となり、業界関係者を集めて協議できたらと思います。でもこれは、現実的には難しそうです。ミッチェルと自研指数をテーマに書きだした当初は、自分の役割は問題提起と限定していましたが、どうやらそうもいかない雰囲気です。最初の一石を投じた段階ですから、暫く様子を見ます。手分けしておこなっているアジアンの解析も、少しづつですが進んでいます。とりあえず来週からは、通常のブログに戻します。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/450-9ac935f8
Template by まるぼろらいと