車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.04.18 Wed
 50プリウスの修理で、ドアミラー脱着しました。作業後にスキャンツールでチェックすると、もうエラーコードが出ています。電装部品を外せば、それは履歴として残ります。作業終了後にスキャンツールを使用して、エラーコード消去作業が必要です。輸入車では、更に作業頻度が増します。下の画像は10年落ちドイツ車の、リヤドア及びクォーターパネル交換後のチェック時のものです。

23.jpg

 右側の赤い数字がエラーコード数です。11個のエラーが出ています。作業部位によっては、数十個も珍しくありません。46のセントラルモジュールコンビニエンスシステム詳細が下の画像です。

24.jpg 

 作業中に外した電装品の一覧です。この状態でも走りますが、お客様には見せられません。完成検査を兼ねてスキャンツールに接続し、チェックとエラーコード消去を行なう。お客様に作業途中画像を提示し、安心してもらうのが良かろうと思います。鈑金塗装は高額商品です。それなりの説明責任が発生します。

 
FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/445-3316ef10
Template by まるぼろらいと