車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.03.28 Wed
 自研指数の作成は、良心的に行われている筈です。設定された条件の中では、あの数値で作業可能と思います。ただし修復現場の実情に合っているかどうかは、これは別の話になります。自研指数は参考数値であり、現場の実情に合わせての調整が必要です。ここに本来のアジャスターの存在意義があったはずです。

 根本的な問題は自研指数が、本来の参考数値という立場から放れ、修理料金算出の基準数値として使用されている現実です。現場のアジャスターは上司から、指数で協定してこいと言われれています。やたらに指数値の変更や項目を認めたら、余分なレポートも作らなくてはいけない。忙しいのが、ますます忙しくなる。彼らの言動の8割は損調内部の問題であって、鈑金屋には関係無いことばかりです。

 指数値に基づいた料金体系が根付いてしまった結果、自動車鈑金塗装業は魅力ある職種ではなくなりました。仕事は面白くても、業務内容の割には稼げません。頑張っても稼げない。だから若い人が業界に入ってこない。たとえ入っても、独り立ちできるところまで続かない。収入だけを考えたら、もっと簡単に楽に稼げる仕事が沢山あります。リペゾウも車販・整備・レンタカーと業務内容を広げていく中で、鈑金塗装業の分の悪さを痛感しました。どれも大変ですが、鈑金塗装で稼ぐ大変さに比べたらね、遥かに楽ですよ。

 指数値内で作業できないのは、レベルが低いからだと言う人もいますが、元々の設定が現実離れしてる可能性も考えられます。時間内にできない方が正常かもしれない。ミッチェルと自研参考指数を見比べていると、もしかしたらと思ってしまいます。料金体系の基準に据える数値は、普通の人が普通に作業して達成できるような数値であるべきです。自分が自研指数の数値内で作業できるから良いでは、これは済まない問題です。

 自研指数が料金体系の基準数値として適正かどうかを、客観的に検証したいと考えています。その為には比較対象できる別の基準も必要です。ミッチェル海外版のトヨタ・ホンダ・ニッサンを入手したい。多くの日本車が海外で販売されているからには、日本車用のガイドブックも存在してる筈です。日本では手に入りません。どこで買えるのかも分かりません。入手できた方は教えてください。

 ガイドブックが入手できれば、同一車種で自研指数の倍くらいの数値設定も考えられます。日本でもアメリカでも中国でも世界中どこでも、基本的な修理作業は同じで、掛かる作業時間も似たりよったりのはずです。日本の職人だけが半分の時間を要求されているとしたらね推測どおりなら日車協として、ミッチェルを料金体系の基準として据えるのも、それも一興じゃないかと思いますが。

続く
 
FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/443-cb76b23d
Template by まるぼろらいと