FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.02.28 Wed
 14日夜、会合に向かう直前に電話です。受話器を取ると、ホームページを見て掛けましたと言うMさんでした。浜松に戻る途中の事故で、新東名内でレッカーが来るのを待っているとの話です。当社に車を運び込み、浜松まで戻る代車を用意してもらいたいとの要望です。困っている雰囲気だったので、とりあえず来なさいと、代車はレンタカーでよければ用意しますと返答しました。Mさんの対応を工場長に依頼してから出かけ、翌朝に運び込まれた車を見ました。工場長から事故状況についての説明も聞きました。

 Mさんは埼玉の中古車屋で、修復歴あり車を購入しました。当日は埼玉で車を引き取り、高速を使用して浜松に戻る途中でした。沼津の手前で、何か音がしたそうです。暫くするとフードが上下に揺れ動き、その後いきなり全開に運が悪ければ、そのまま死亡事故に繋がる状況でした。

 レッカー屋さんと一緒に確認すると、フードロックがブラブラの状態でした。中古車屋に電話すると、引き渡した後だから関係無いくらいに言われたようで修復歴あり車ですが、車検取り渡しで120万ほど払っています。数時間走っただけで壊れる車は売り物じゃないし、整備してるなら気づくはずです。先ずは入庫翌朝の写真をごらんください。Mさんの了解を得て掲載します。

マーチ OS (1) 

 フードは開いたままで閉まりません。

マーチ OS (2) 

 フード右後端部は、右フェンダーに食い込んでいます。 

マーチ OS (3) 

 左後端部は左フェンダーまで押し広げています。

マーチ OS (4) 

 フードロックのボルトは、かろうじて1本だけ残っています。他のボルトは、走行中に落ちたみたいです。ここを締め忘れたら即アウトですが、この後も驚愕の事実が続きます。

続く

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/437-9ae4aa14
Template by まるぼろらいと