車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.01.31 Wed
 S君から着電です。車を傷つけられたとの話。相手が保険対応するので、とりあえず見積を作ってくれとの話です。仕事帰りに寄ってもらい、写真撮影と見積作成をおこないました。

AMG surikizu

 ボンネットに2ヶ所、傷が入っています。かなり深いです。ボンネット脱着・分解・修理・塗装に代車代まで入れて、税込み38万の見積を作って渡しました。1週間ほどして、相手側損保のアジャスターさんから電話です。
 
 挨拶を交わした後で、アジャスターさんから話し始めます。「ヤナセに問い合わせながら、当方でも修理金額を算出しました。これこれの作業内容で、この金額で修理できるとヤナセは言っていますが、如何でしょうか?」そんな内容です。ヤナセが半分の金額で修理できることは分かりました.。でも自分の見積との関係が分かりません。聞きました。「今の話と自分の見積に、何か関係でもあるのかな?」

「何千万もする車なんか預かりたくないの。何かあったら弁償しなくちゃいけないでしょ。軽トラを預かるのとは違う。安い金額で受ける気になれないね。」

「こっちはネバーエンドレスで、仕事は沢山あるんだ。どうしても安く済ませたいなら、お宅らで彼を説得したらどう。ヤナセに持って行ってもかまわないよ。自分がやるなら、この金額だよ。」 

 体を張ってるから、言いたいことは遠慮なく言います。他人の仕事の原価計算をし、適正価格は幾らですなどという話を勝手にされても、返答に窮します。自分の売値は自分で決めます。顧客側から見て高いと思われる請求では、仕事自体が無くなります。請求に見合う満足感を提供しているからこそ、次々と新たな仕事も入ってきます。リスクを自分で背負ってやっているのに、横から余計な口は挟まないでもらいたいです

 話に謙虚に耳を傾ける義務は、自社の顧客に対した時だけ。たまには正論も言っとかないとな

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
工場経営    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/433-c83a17ce
Template by まるぼろらいと