車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2010.09.08 Wed
 相手側損保の担当者から「Wさんも保険を使ってくれ」との話しがありました。当方は過失無しを主張していますから、これは一蹴しました。互いの主張が正反対である以上、警察の事故調書が、関係者双方の判断基準になります。Wさんと、同僚の目撃者の再検分が行なわれました。次は相手側運転者と同乗者の再検分ですが、一向に行なわれる気配がありません。代わりに立て看板が設置されました[信号無視の車両による事故が発生しました。目撃した方はご連絡ください]等が書かれています。

 目撃者看板

 察するに、警察サイドから見れば、この事故は一回目の検分が終わった段階で全てが確定し、調書を作成するだけの状態にあったと思います。相手側運転者が、巧妙な理由付けをした異議申し立てをし、再検分をせざるをえない状況になった事は、警察としても望ましくない状態だと認識している様子です。相手側運転者と同乗者を再検分する前に、関係者双方と無関係の目撃者を見つけだし、証拠固めをした上で、相手側の再検分をするつもりではないでしょうか。 Wさんと紹介者のS君に当方事務所に来ていただき、今後の対応について相談しました。先ず現状の確認です。

1 相手が信号無視したのは確実と思われるが、否定している状態である。

2 相手の信号無視を立証する責任はWさん側にある。

3 相手側損保は、自社の契約者からの申告に基づき行動するので、損保担当者に苦情を言っても無意味。

4 第三者の目撃者が見つかれば、一気に問題は解決すると思われる。

5 事故は、幹線道路の交差点で通勤時間帯に発生している。目撃者が見つかる可能性は高い。

6 仮に目撃者が見つからなくても、最終的な事故調書はWさんに有利な形で提出されると予想される。

 以上の事から考えて、最終的にはWさん有利で決着するだろうが、相当に長期化すると思われる。故に、当方で貸し出している代車は一定期間で回収させてもらい、次の車を購入してもらいたいと提案しました。
 友人のS君から「相手の無茶苦茶な対応で迷惑しているのだから、代車は継続して貸し出してもらいたい。請求は相手側損保に全てすればいいのでは?」と提案がありましたが、これは却下です。

 代車代に関して保険で保障する範囲は、一般的な買換えに必要な期間だけです。数ヵ月後に信号無視が認められても同様です。一定範囲を超える代車代は、相手側運転者に民事で請求するしかありませんが、100%認められるとは思えません。また目撃者が現れない場合は、代車請求自体を控えざるをえない状態になる可能性もあります。

 Wさんに納得していただき、当方在庫車の中から選んでいただきました。ここで新たな問題が…全損になった車を購入するために有り金を使ってしまい、5万円しか用意できないとの事事情を考慮して在庫車を10万値引、さらに全損車を 下取しましたが、まだ100万以上の残金です。私もボランティアでなく商売ですから、これは困った
 
続く



FC2ブログランキング参加中一日、一回、ポッチィしてください。よろしくお願いします



スポンサーサイト
車好きのアキ
大変な事故ですね。
早く解決できることを願っています。

ところでブログとホームページ見せてもらいました。よろしければ、リンクさせてもらってもいいですか?
2010.09.09 Thu 22:40 URL [ Edit ]
リペゾウ
 コメントありがとうございます。問題の事故は、あと、事務的な処理を進めるだけのところまできました。お客様の運が強かったと思っています。それから、リンクの件はありがたいです。よろしくお願いします。
2010.09.11 Sat 19:31 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/43-3bac6512
Template by まるぼろらいと