FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.12.27 Wed
 日車協と国交省の関係についても説明が必要と思い、少し時間を割きました。

 国交省にとっての日車協は、認可を与えた唯一の業界団体です。業界内の問題が発生すれば、日車協に諮問があります。例えば国会の運輸委員会で、「ASVの修理に対応できる事業所の実態はどうなのか?」というような質問があれば、日車協に問い合わせの連絡が入ります。日車協の返答に合わせた答弁が、国会内でおこなわれます。

 日車協以外の団体がASVの修理に対応できる事業所のリストを提出しても、そのリストは使われません。もし使えば、認可の意味合いそのものが問われることに繋がります。国交省と同じテーブルに座り、業界の未来について話し合うことができるのは日車協だけです。認可を自主返上でもしない限りは、今の状態が続きます。

 冷静に考えれば当たり前の話です。自動車関連業種が、国交省抜きで、何かできるのでしょうか?業界環境を良くしたいと思うなら、日車協を通じて活動する以外に、現実的な選択肢がありません。だからこそ業界の力を、ここに集約する必要があります。

 現在、日車協が進めている「先進安全技術対応・優良車体整備事業者制度」に対しては、国交省は全面的にバックアップすると明言しています。国交省が何を求めているのかについても、少し時間を割いて話しました。

 国交省は今、「きちんとした修理に対応できる事業所」の把握を進めています。国交省が考える「きちんとした修理に対応できる事業所」の意味合いですが、ASVの場合は、センサーの取付位置と角度が重要となります。正しい位置に正しい角度で取り付けられているのかどうなのか。その上で、その車が真っ直ぐに走るのかどうなのか。つまりボデーアライメントとホイールアライメントの重要性が、従来よりも増してきます。先ずこの2つの作業がしっかりとおこなえる。そこには当然、強度の復元という意味合いも含まれてきます。

 その上で更に、ASVのシステム全般の良否を判断する能力。つまりASVを構成するAI・センサー・アークチュエータ・ハーネスの良否を判断し、損傷のある部分は新品部品と取り替えて、正しく組み付ける。調整作業をおこない、点検作業をおこなう。このような一連の作業がおこなえる事業所、これが「きちんとした修理に対応できる事業所」となります。このような事業所を、全国に少なくとも1500から2000は必要と考えていると思われます。静岡県内で考えれば、40~50軒。数は多ければ多いほど良いわけです。

 こんな調子で、50分間フルに話しました。けっこう喉が痛みます。人前で話すのは、今回で終わりです。理事長らと相談して、来年度の技能講習インストラクター4名をピックアップしました。依頼の連絡を入れたら、全員が一発回答で承諾してくれました。来年度は、彼らに任せます。一区切りついたし、裏方に回ります。物陰で一人コツコツやってるのが一番好きだし、その方が性に合っています。新陳代謝も必要です。では皆さん、良い年をお迎えください


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/428-3bcd3fc9
Template by まるぼろらいと