車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.07.26 Wed
 23日の日曜日に、山梨車協主催の第3回高度化車体整備技能講習会に見学参加してきました。静岡車協でも10月中旬から2月初旬にかけて、4回の講習会を企画しています。3回までの日程と会場は既に決まり、理事会の承認も得ています。私が担当者ですが、一番肝心な講習内容が決まらずなるようになると開き直る事もできないし、どうしたものかと考えるうちに思い出したのが、山梨車協主催の講習会です。実践的で身になる講習会を何度も開いていると、噂に聞いていました。事務局に連絡を入れ、特別参加させてもらいました。場所は富士吉田の富士山アリーナーです。

 山梨車協 研修会 (1) 山梨車協 研修会 (2) 

 山梨車協 研修会 (4) 山梨車協 研修会 (5) 

 山梨車協 研修会 (6) 山梨車協 研修会 (7) 

 正直な話、お世辞抜きで凄いなと思いました。市川理事長を筆頭に、講師を担当した星野さん、講習会準備や講師補佐をした方々、皆さんの意気込みが伝わってきました。山梨車協の会員数は90社ほどで、静車協の半分ほどです。でも組織としてのまとまりの良さは、模範として見習うところがあります。お陰様で、静車協講習会のイメージが作れました。

<(_ _*)> アリガトォ

 講習途中の空き時間を利用して、市川理事長自らがマイクを握り、高度化車体整備技能講習会の意義や組合として目指すところについて、1時間ほど熱く語ってくれました。要点だけ抜粋して下記します。

1 日車協連の高度化車体整備技能講習会は、国交省が正式に後援する形で、全国で毎年行なわれます。
2 講習受講した車体整備士が在籍し、一定の設備等の要件を備えた工場を、日車協が自主認定します。
3 自主認定工場が一定数に達した段階で、国交省を交えたPR活動が始まります。
4 カーメーカー14社・損保26社・官公庁等に対してのPR活動も想定されてています。

 これって、凄い事です。業界団体は様々ありますが、国交省と同じテーブルで話せるのは日車協連だけというのが現実です。業界内の世代交代も進む中で、現状よりも業界を良くしたいという思いがある方は、各県単組に合流してください。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/405-7232921c
Template by まるぼろらいと