車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.06.21 Wed
 このフィックスウインドの脱着ですが、周辺パネルが付いたままの状態では困難です。周辺パネルにピッタリと被さっていて、隙間が殆どありません。相当慎重に作業しても、ちょっとしたミスでガラスゴムに傷が付きます。カーメーカーは再使用不可の取替前提で組み上げていると思われます。当社でのガラス脱着作業は、外注さんに全面委託しています。3軒のガラス屋さんが出入りしていますが、全員が作業を嫌がるし、本来は再使用不可だと口を揃えて言います。

 実際に横で作業を見ていても、大変で割に合わないです。作業者全員が同じように言うとなると、自研センターも考えた方が良くないですかね。リペゾウも最近は、ガラス屋さんの負担が軽減されるよう、周辺パネルを脱着してから作業依頼するよう心掛けています。

fuxikkusuuinndo (2) 

fuxikkusuuinndo (3) 

 指数を経典のごとく扱っている損保さんから見たら、リペゾウの態度はふざけているかもしれませんが、実際に作業し顧客対応している工場側からすれば当然です。指数テーブルの数値は実験室の中で作られた数値であって、現実の現場で作られた数値ではありません。尊重はするが、絶対的に遵守する気などありません

 指数の黎明期の職人の話題で、指数値の半分の作業時間を目指すというのがありました。リペゾウもそうですが、職人全員が指数値の半分の時間で作業を終わらせる事を目指しました。今は誰も言わないです。何故かと言えば、早くやろうとすれば手抜きになって、仕上がり品質が下がります。40年前と今では、求められている品質は異なります。

 自研センターで作業観測をした方なら分かりますが、センターの作業者のレベルは低くありません。大概の町工場の職人さんより手際が良いです。そういう作業者が、理想的な作業環境の中で作業した時の数値です。けして甘い数値ではありませんが、ベテラン職人は更に短時間で作業する事が可能です。自分もできますが、問題は仕上がり品質です。腰を据えて作業した時と、時間を決められ急いだ時とでは、仕上がり品質が異なります。

 古参アジャスターから聞いた話です。自研センターで塗装の作業観測をして、予定どおりの時間内に終わりました。昼食を終えて外に出ると、屋外駐車場スペースに作業車が置いてありました。塗装したパネルに日が当たり、室内灯では分からなかったが、完璧なブチ塗装だったそうです。

 (´∇`)ケッサク

 
サフェーサー塗布部のノリが違っていたのでしょうか。よくあるパターンですが、再塗装しなければクレーム間違いなしです。もし指数を経典の如く扱うなら、実際の顧客の車で数値を計測し、納車までしてもらいたいですね。もちろん施工保証付きです。その結果としての数値であれば納得します。仕上がり基準も無い作業時間だけを計測した数値で、これに全て合わせろと言われても、言う方が無理があります。

 このような部分を調整するのが本来のアジャスターで、指数テーブルに忠実であるかどうかをチェックするだけなら、専門職など必要ありません。AIを導入するか、パートで対応すれば十分です。それなら約款を変更し、経費削減に励んだら如何でしょうか


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/401-55ea7b29
Template by まるぼろらいと