車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.05.31 Wed
 連続してクォーターパネル取替作業をおこなっています。最初の1台を終えて精算見積書を送信したら、アジャスターさんから指摘を受けました。

AJ  「リヤドア脱着の項目が入っていますが、作業中の画像は無いですか?」

りぺ 「忙しくて撮り忘れたから、画像は無いよ。」

AJ  「写真が無いなら、これは削除してもらえませんか。」

りぺ 「脱着取替指数の前提条件に含まれていないのは知ってるが、続けて塗装作業するんだ。接合部のパテ処理が済んだら、リヤドア外すに決まっているだろ。」

AJ 「そう言われても。なんとかお願いします。」

りぺ 「駄目駄目実際に必要で作業してるしさ、端数まで合わせようとすること自体が間違ってるよ。」「それに着工前に事前見積を提出した時点で、作業内容に関して全く問題無いと、君が言ったじゃない

 やり取りしていて思ったのですが、サラリーマンもキツイです。指数は参考数値であって経典じゃありません。上に頭でっかちが居座ってるようですが、譲る気はありません、間に入って、まぁ胃潰瘍にならないよう気をつけてください。

 業界外の素人さんには何の話か分からないと思いますので、もう少し詳しく説明します。まず今回の修理作業の概要です。バックで逆突です。左クォーターの変形が激しく、リヤドアとの隙間はありません。インナーパネルやフロアにも歪みが発生しています。フレーム修正機にセットして粗引きし、大まかな形状に戻してから、新品パネルと交換しました。

purobokkusu クォーター取替 (1) 

 もうちょっと押し込まれたら、ガラスも割れたな

purobokkusu クォーター取替 (2) 

purobokkusu クォーター取替 (3) 

 面引きです。

purobokkusu クォーター取替 (4) 

 リヤドアとのチリは、正常に戻りました。

purobokkusu クォーター取替 (5) 

ホイールハウスの変形も、綺麗に復元しています。これ以上の鈑金は必要ありません。

purobokkusu クォーター取替 (6) 

 裏から指で押したら、インナーパネルの歪みも抜けました。もう軽く水研ぎするだけで充分です。
 
purobokkusu クォーター取替 (8) 

 フロアには、未だ歪みが残っています。

purobokkusu クォーター取替 (7) 

 原因はリヤピラーです。軽く横引きすれば、この歪みは殆ど消えます。

purobokkusu クォーター取替 (9) 

 ここから先の写真がありません。撮ろうと思ってはいたのですが、ひっきりなしに固定電話と携帯が交互に鳴るしあちらこちらと飛び回っているうちに、どんどん作業は進んでいきます。アジャスターさんは気軽に作業途中画僧を要求するけれど、撮影も大変なんだよなぁ・・・カメラマンは俺一人だし、写真代1000円しかくれないし、中には500円に値切ろうとする鬼もいるし・・・ちょっとお医者さんに書いてもらうだけで、6000円は取られるんだぜ

 大破車の作業途中画像を要求するなら、1台辺り5000円は妥当と思います。戦わないと喰われてしまうぞ

続く


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/397-e28a536e
Template by まるぼろらいと