車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.03.29 Wed
 アクセルとブレーキの踏み間違えで、新聞沙汰になる交通事故が多発しています。事故直後の報道を見ますと、自らの踏み間違いを認めるドライバーは少なく、車の異常を訴える方が圧倒的に多そうです。このパターンの事故が発生した場合にどうなるかと言いますと、まず事故車両は近くの系列デーラー等に運び込まれます。後日、メーカー・警察・消防等の関係諸団体立ち会いのもと、原因追及の為の分解調査がおこなわれます。調査結果で車に異常無しとなった場合ですが、運転者に対し調査費用の請求がおこなわれます。出向者の出張料とかも、全て支払うこととなります。

 事故まで至らなくても、車の挙動が変だというクレーム申告も多いようです。実際に異常が発生している場合もありますが、大半はドライバーの勘違いです。次から次へと新しい機能が組込まれる状況下で、販売店も購入者も、完璧に対応できていません。曖昧な理解のままASVを使用しているドライバーは多く、それが原因の事故も発生していると思えます。

 近い将来、事故原因はASVの異常行動だと主張するドライバーが出てきても、何ら不思議はないです。原因追及の為の分解調査をしたら、過去にフロントバンパーを取替えていました。どこで取替作業したか調べたら、5年前にリペゾウがやっていました。リペゾウさんはバンパー取替時に必要なセンサーの補正作業を請求をしていないけど、もちろん作業はしていますよね?作業写真やデータ等の記録はありますか?人身が絡んだ事故ですし、あくまでドライバーは車の異常行動が原因と主張していますから、徹底的に調べないと不味いですから。こんなふうに問い合わせが入ってきたら皆さんだったらどうします。


 ステレオカメラ スバル・アイサイトver.3、ガラス&ライナー脱着

 ステレオカメラの配線を取り外した状態で電源オンすると、チェックランプ点灯しました。配線を付け直すと消灯し、正常に戻りました。この後で追随走行すれば自動補正されます。試運転してみたら、システムは正常に機能しているようです。でもスバルさんに予約を入れて、再調整をお願いしました。メーカーマニュアルに、作業が必要と記載されています。自社のスキャンツールでは対応できないし、税込で2万ほど修理費用がアップするのも仕方ないです。

 メーカーマニュアルに必ず再設定しなさいと記載されているという事は、システムに係る部分に触れたら、もうメーカーは責任を取りませんという事です。責任は作業者に掛かってくると思うべきです。そうだとすれば、もうチェックランプが点灯しないから良いというレベルの問題じゃなくなります。人身が絡んだ事故になれば、一発で会社は潰れます真剣に対応しないと不味いです。現行法ではASVシステムを構成する部品全てが、重要保安部品に指定されているわけではありません。点検記録簿の保管義務も2年ですが…このような点も、今後どうなっていくのでしょうか?

 日車協で進めている車体整備士の再教育制度は、実務に携わる作業者は年1回集まって、全員が最新の情報を取得し、業界の底上げを図ろうというものです。何も知らないで作業するのが、最も危険です。お客様を守ると同時に、自社も守ります。国交省もバックアップしてくれるという話になっています。これを読んでいる非組合員の方も入会して、一緒に勉強していきましょうよ。過去に様々なしがらみがあったとしても、世代交代が進む中で、組合の雰囲気は別物に変わっています。

 

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/388-1d7a4949
Template by まるぼろらいと