車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.01.18 Wed
 年末から取り組んできた補助金申請書を発送しました。ずっと掛かりっきりだったので、一段落してホッとしました。今の自分が出せる全力で取り組み、ここから先は審査員の方々の判断に任せるしかありませんが、、、、、、、できれば補助金欲しいです

静車協浜松支部の会員さんもチャレンジしています。結果が出たら、情報交換を兼ねた御苦労さん会をやる予定です。彼と電話で話しましたが、今回のチャレンジで、自分らの置かれている状況を改めて把握できたそうです。取引銀行の支店長から「想像以上に酷い状態ですね。」と言われたそうですが、リペゾウも担当者から同様のことを言われています。各種の統計値を見ると、目を覆いたくなる数字です。昨年秋に下記ブログを書きましたが、これが業界の大多数の方の現況です。

 断崖絶壁の崖に渡された丸木橋の真ん中で、嵐に遭遇しました。足がすくんで動けません。とりあえず動かないでいれば、なんとか今日明日は過ごせそうです。でも段々と風が強くなってくる気がします。天候が回復しないかなぁと、ひたすら願います。しがみついてる丸木橋を見たら、思っていたより腐っています。時々、ボロボロと欠けて、谷底に落ちていきます。少しづつ丸木橋が、細くなっていきます。この橋は平気かな?早く風が止まないかなぁ?そんな事を考えながら、ひたすらしがみついています。時間ばかり過ぎていきます。

 前に進むしかないです。。アフターマーケット全体が急激に縮小しています。縮小していく市場の中で、自社を他社より魅力的に見せて、互いに仕事を奪いあう勝ち負けゲームをしています。勝者になっても、市場そのものが縮小し続けている状況では楽になりません。過当競争の結果が、整備要員1人当り年間整備売上高の数値に現れています。2005年に約1600万だったのが2014年には1100万以下です。10年間で30%以上も下落しました。業界全体を巻き込んでの消耗戦に、そもそも勝者がいるのでしょうか?

 もう従来発想の経営は限界です。今回の申請では新市場の創造をテーマに、プレゼンテーションさせてもらいました。リペゾウの事業計画書に対し、事業期間中その支援に責任を持って取り組むという取引銀行頭取名での一文と印鑑を頂きました。申請が通ると経産省から、社会に貢献し業界の指針となる革新的事業であるという御墨付を貰えます。先の事を考えれば、補助金以上の価値があります。発表は3月らしいです。申請が通る事を期待しながら過ごしています。
 

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/377-1e1ef74d
Template by まるぼろらいと