車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.01.11 Wed
 登録しているメルマガの1つ、竹内謙礼の「ボカン」と売れるネット通信講座」の記事に感心しました。核心をついてると思いますので。転載します。人間の生まれつきの能力に大きな差があるとは思えませんが、発揮されるパフォーマンスに大きな差があるのは事実です。一つの解釈として興味深く読ませてもらいました。更に興味のある方は、次のサイトを参照ください。 http://e-iroha.com/

新年一発目のメルマガは、「大義」についてのお話。辛いことを乗り越えるためには、どうしても大義が必要なんです

最近、中小企業にコンサルティングに行って思うことなんですが、ネット販促やチラシ販促、POP販促についていろいろな提案やアドバイスをしても、結局、「誰がこれを実践するの?」ということで、多くの経営者が躓いてしまうんですね。

つまり、どんなに画期的な改善策があっても、「そんなことをやる時間はない」「そんなことをやる人もいない」「そんなことはやる金もない」ということで、難しいとか、大変だとかという以前も問題で、「できない」ということで頓挫してしまうんです。でも、「できない」では、当然、売上は回復しません。

だから、売上を伸ばすためには、どんな理由があろうとも、必ず「やらなくてはいけない」という現実から逃げることはできないです。では、避けることができないと分かりながらも、なぜ、ダメな経営者は「できない」とすぐに口に出してしまうのか?それは、困難や苦難を乗り越えるための、大義”がないから、すぐに逃げの口実を考えてしまうからなんです。

大義とは、その会社が、存在する理由です。なぜ、この会社は、稼がなくてはいけないのか?なぜ、この会社は、世に存在しなくてはいけないのか?このような疑問に即答できる「大義」がなければ、苦難を乗り越えてまで働く理由がなくなってしまうので、「できない」「やらない」という口実をすぐに作ってしまいます。

しかも、この大義が弱いと、本当に軟弱な会社になってしまうのです。例えば、大義が「生活に困らない程度のお金が欲しい」になってしまうと、「そんなに頑張って働かなくてもいい」という選択になってしまうので、すぐに困難から逃げてしまいます。

また、大義が「子供の幸せのため」だけだと、生活するための経営が目標になってしまうので、儲けようとすることや、社内の対人関係で揉め事がおきてしまうと、すぐに目を背けてしまいます。

毎日、なんとなく楽しく過ごしたい。毎日、不自由なく暮らしたい。こんなアバウトな日々を送っている経営者では、やはり困難を乗り越えるだけの底力は身につかないのです。だから、細かい戦略や販促手法を学ぶ前に、経営者がやらなくてはいけないことは、この“大義”を探すことだと私は思っています。

例えば、この“大義”が、「従業員を幸せにすること」だとした場合。スタッフを幸せにするためには、給料を上げる必要があります。そして、給料をあげるためには、売上を伸ばさなくてはいけません。その売上を伸ばすためには何をすればいいのか?
・ブログを毎日書かなくてはいけない。
・お客さんが毎日気持ちよく来店してもらうために掃除をしなくてはいけない。
・接客の時に大きな声で笑顔で挨拶をしなくてはいけない。
・企画を早目に提案して、DMを出さなくてはいけない。

このように、“大義”さえ明確になれば、何をやらなくてはいけないのか、自ずと見えてくるものなのです。しかし、この大義がないと、
・「なんでブログを毎日書かなきゃいけないの?」
・「なんで掃除なんかしなきゃいけないの?」
・「接客なんて、誰も見てなければ声が小さくてもいいじゃん」
・「企画なんて、いくらやったって売上に繋がらないよ」と、上っ面のテクニックの部分しか理解しなくなってしまうので、どうしても、辛い壁にぶつかってしまうと、すぐに辞めてしまって、長続きしなくなってしまうんです。

そして、経営者自身も、口先だけで「従業員を幸せにすることだ」なんて言っていると、都合悪くなると、すぐに大義をなかったものにしてしまい、自分の感情に流されるだけの、弱い経営者になってしまうのです。

いいですか?経営は辛いことばかりなんです。しかも、小さい会社にはたくさんやらなくてはいけないことがあって、たくさん勉強することがあって、たくさんのストレスがあって、たくさん仕事をしなければ、追いつけないことが山のようにあるんです。だから、本当にすべてを投げうってでも、困難を乗り越えるだけの「大儀」が必要なんです。
「従業員を幸せにするぞ!」
「日本一のネットショップになるぞ!」
「社長を男にするぞ!」
なんでも構いません。嫌なことから逃げ出さない理由を持たなければ、経営者なんて、いつでもサボることができるので、すぐダメになってしまうんです。

そして、その大義は、従業員、一人ひとりがしっかりと理解して、周囲の全ての人が納得しなくてはいけません。なぜならば、その大義を従業員が理解していなければ、全ての行動がバラバラになってしまうからです。そして、従業員も一生懸命、その大義のために働かなくなってしまうからです。

だから、
「有名になりたい」
「お金持ちになりたい」
「女の子にもてたい」
という私腹を肥やす大義は、どうしても従業員がついてこなくなってしまいます。自分自身も納得して、従業員も納得してもらえる筋の通った「大儀」というものがなければ、販促の仕掛けは、すべて薄っぺらなものになってしまいます。

社員教育も、毎日の朝礼も、一生懸命書いているブログも、大義がなければ、全てが“無駄”になってしまうのです。そうならないためにも、2017年は、自分が命がけで働くための「大儀」を見つけましょう。

大義さえ見つけることができれば、どんなに辛い苦難も乗り越えられるようになるので、必ずその経営者は成功します!そうすると、2017年は、さらに面白い年になりますよ。

自分が出版社でサラリーマンの編集者をやっているときは、
「本を作りたい」
「読者に喜んでもらいたい」
という“大義”だけでは、どうしても過酷な労働条件で頑張れなかったんですね。

で、転職して観光施設の広報になった時も、
「お客さんに喜んでもらいたい」
「売上を伸ばしたい」
「自分の給料をあげたい」
という“大義”では、やっぱり頑張れなかったんです。

でも、ネットショップの担当者になって、売上をグイグイ伸ばせるようになってから、初めて、「みんなに“凄いね”って褒められたい」という“大義”で、一生懸命、仕事で頑張るようになったんです。本当にアホな理由で申し訳ないんですが、今思えば、あれが当時の自分の素直な“大義”だったと思います。

そして、周囲の従業員からも「凄いね」と言われて、さらに売上を伸ばして、社長からも「凄いね」と言われて、楽天の社員や、いろいろな経営者からも「凄いね」と言われて、調子に乗って、朝も昼も休日も関係なく、がむしゃらに働くことができるようになりました。

だから、自分がコンサルタントとして独立したときに、
「売上を伸ばしたい」
「従業員を幸せにしたい」
「会社を大きくしたい」
という“大義”はまったくありませんでした。それよりも、やっぱり死にもの狂いで働く大きな理由は、「みんなに“凄いね”って褒められたい」ということが、ブレずに根底にあるんだと思います。

でも。その“凄いね”が、コンサルタントの仕事をするうちに、だんだんと変わってきました。
「凄いね、おかげで助かったよ」
「凄いね、とても面白かったよ」
「凄いね、とても役に立ったよ」
こんな感じで、自分の「凄いね」が、人のためになっていることが、だんだん自分の大義になっていきました。

この積み重ねで、気が付いた時には、「お客さんを幸せにする」というのが、自分の仕事の大義になっていったんだと思います。そして、その大義があるおかげで、頼ってくれる人のためだったら、儲からない仕事もやるし、土日祝日関係なく夜中まで働くし、徹夜して書籍を書き上げたりしますし、仕事やセミナーが終わって、みんなから「ありがとう!」って言われると、飛び上がるほど、嬉しくなったりするわけです。

そんな感じで、みんな僕のように迷いながらも、人生の“大義”を見つけていくんだと思いますよ。すぐに見つかるものじゃありませんから、焦らず、1年かけてじっくり見つけていきましょう。

竹内謙礼の「ボカン」と売れるネット通信講座」より転載 http://e-iroha.com/

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/376-f3aec254
Template by まるぼろらいと