車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.10.05 Wed
 「小規模鈑金工場の経営者へ」

 バブル期を境に車体整備総需要の減少が続き、ひたすた右肩下がりの状態です。改善される傾向もありません。逆に今後は、事故率の劇的な減少が予想されています。市場が縮小し、競争が激化する中で、悩みに悩んでいる工場経営者は多かろうと思います。同業者の勉強会の内容を見ると、「特色のある技術を掴み、生産性を上げて」などというのが大半です。20年前なら正論ですが、今から間に合うのでしょうか?経営者なら、先にやるべき事が山ほどあります。

 積極的に設備投資をして、圧倒的な生産性や独自の技術力を得て、それを武器に生き凝っていく工場はあると思います。でもそれは、限られた一部の工場だけです。職人として道を究めたい欲求はありますが、敢えて狭い道を進むよりも、広い道を進む方が楽です。経営業は環境適応業です。環境が変わったのだから、自社も変わるしかないです。これを読んでる鈑金工場経営者の方々に聞きます。何故、縮小し続ける鈑金塗装市場に拘るのですか?

 最初に話しましたが、自分はガチガチの職人です。他の仕事を、やった経験はありません。自動車鈑金塗装業しか知りませんが、この仕事を自分なりにやり抜いて分かった事があります。鈑金塗装業で稼ぐのは難しいです。整備屋さんやスタンドが参入しても、専業店と同レベルになるには、相当の覚悟と投資が必要です。逆に鈑金屋が、整備や車販を始めるのは、さほど難しくありません。心理的な抵抗さえ取っ払えば、明日からでも始められます。大概の資格は持っているし、基礎知識や基礎技術もあります。投資額も、僅かで可能です。1年もやれば、専業店と肩を並べられます。何故やらないのですか?

 この提案は、一時もてはやされたミニデーラー化とは違います。あくまで根っこは鈑金屋です。鈑金塗装という技術を中核にして、関連業種に進出しながら営業展開をして、本業の新規顧客を創造できる循環体系を作ります。。我々は高いアドバンテージを、最初から持っています。例えば中古車業やレンタカー業に進出した場合ですと、段違いの低コストの展開が可能です。勝負するなら、有利な場を選択するのが当然です。そこで力を蓄えて、本業に回帰します。

 リペゾウも、3年前の保険の料率改定までは、鈑金塗装のみで生きていく覚悟でした。料率改定による保険仕事の減少と、スバルのアイサイトの発表を見て、方向性を変えました。BPは自社の最大の強みとして維持していくが、同時に関連業種に進出していく。最後は営業力勝負の時代に入ったから、営業力強化に集中した投資を考える。基本方針を定めました。今までやらなかった事を始めますから、最初は楽じゃなかったです。体中に発疹ができたりしましたが、正しい選択ができました。

 設備投資も人員増強も行わない前提で計画実行し、飛躍が見込める状態にまで持ち込めました。これを読んでる経営者の皆さんも、踏み込んでみたら如何ですか。行動する前から諦めている方が、あまりに多過ぎます。経営は学問じゃないから、知識など、さほど役にたちません。机上の勉強も無意味です。踏み込んだ人だけが、自分なりの核心を掴みます。考えてから動くのではなく、動きながら考えます。明日も今日の延長で、同じ様に過ごせるとは限りません。いざという時に備えて、早めの準備が必要です。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
 自動運転に関連する露出が、夏休み明けから急激に増えました。トヨタや日産等、民間メーカーが頑張っているからですかね?テレビの特番に取り上げられるのは、流行りの最先端技術だからですかね?もっと大きな力が、動き始めてる気がします。

 自動運転を普及させるには、事前に生活者の心理的な抵抗を払拭しておく必要があります。目の前にドライバーのいない車が止まって、それに気兼ねなく乗車できる環境を整備する為には、事前周知と啓蒙活動が必須です。やっておかないと、採算ベースに乗せるまでに、時間が掛かり過ぎます。

 1年前なら、世の中が変わるのに最低20年必要と思っていました。最近は、10年でも可能に心変わりしました。残り時間に余裕はありません。スローライフに憧れているんですが
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/361-653f8d15
Template by まるぼろらいと