車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.08.31 Wed
 久し振りに、難しいと思う色に出会いました。ホンダのB611P。ブルーのメタリックです。ボカシ塗装ならよいのですが、ブロック塗装しなければならない事になりまして調色精度で、95%以上に持ち込まないと不味いです。最初は安易に考えていたのですが、塗料メーカーの調色データーが、全く使い物になりません。伝手を辿りホンダの内製化工場に問い合わせたら、そこでも困っているとの話です。自力で、昔ながらのやり方で調色するしかありません。

 S660バンパ (1) S660バンパ (2) 

 この色の難しいところは、ウェット時とドライ時で、かなり色味が変化するところです。光輝感の強い粗いメタリックベースが入っています。このメタリックベースが、悪さをします。乾燥に合わせて、表面に上がってきます。反射で色味が消えて、白っぽい状態になります。2時間近く悪戦苦闘して、なんとか許容範囲に持ち込みました。

 意外と知られていないのですが、色は乾燥に合わせて、刻々と変化していきます。塗装面下地の状態や、塗装時の温度等に因って、同じ色でも、色味が変わります。100%同じ色を再現するのは、不可能に近いです。先日、ホンダの3コートパールの塗装をした時の写真です。

 色の変化 (1) 

 グランドコート2回目、塗装直後のウェット時です。塗った部分と塗らない部分の色差が、素人さんんでも分かると思います。白味が強すぎるように感じますが、乾燥してくると、下記写真の様に変わります。

 色の変化 (2) 

 乾燥に従って、重い白の粒子が下に落ちて、黄色や黒の粒子が上がってきます。さほどの色差はありません。周辺部に軽くバラ吹きしてボカシます。

 色の変化 (3) 

 グランドコート終了です。この上にパールベースを吹き付け、更にクリヤーコートします。この段階で、この程度の色差だと、許容範囲内に入っています。乾燥中の変化は、経験を積む中で体得します。職人になるまでは、時間が掛かります。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/357-9325a84e
Template by まるぼろらいと