車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.08.24 Wed
  修正作業開始です。

 ノート フロア修正風景 (1) ノート フロア修正風景 (2) 

ノート フロア修正風景 (3) 

ノート フロア修正風景 (4) 

ノート フロア修正風景 (5) 

 作業後に画伝した翌朝、K君がすっ飛んできました。バチバチ写真撮りしてる彼に、修理金額がアップした精算見積書を渡します。見積内容の説明と技術的な質問への応答をして、この日の再々立ち会いは終了です。作業を続行しながら随時写真撮りし、次に備えます。4~5日経過して、予想通りにK君が現れました。

K君 「近くを通ったので、寄らせてもらいました。」

りぺ 「そろそろ来る頃だと思っていたよ。」 「レポートが作れないんだろう?」

K君 

りぺ 「レポート用の作業写真を何枚か撮っておいた。」

 ノート フロア修正風景 (6) ノート フロア修正風景 (7) 

 上記の様な写真を何枚も見せて、作業内容についての説明をします。

りぺ 「この写真、欲しいだろう?」

K君 「欲しいです。ください。それが無いと、レポートを上げられません。」

りぺ 「やるよ。そのつもりで撮った写真だからね。」 「ギリギリまでやって、どうしても数字が合わない部分は相談に乗るから、早めに言ってきなさい。」

 まぁこんな感じで、この案件に関しては終了です。保険協定は工場と損保の協同作業ですから、どちらかが一方的に押し決めようとするのは間違っています。互いに主張を出し合って、その上で、どこで折合をつけるかです。本来の指数では、作業方法も限定されてきます。厳密に指数を運用して見積作成する事と、実作業に忠実に見積作成する事は、互いに合い入れない部分があり、どうしても矛盾が生じます。調整が必要です。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/356-493bbd97
Template by まるぼろらいと