車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.08.17 Wed
 実際に作業に掛かったら、想像以上に酷いですね。スペアタイヤ付きでした。最近の車ははパンクセット装備が多く、リペゾウも判断を誤りました。更に修理金額がアップします。

ノートフロア (1)

ノートフロア (2) ノートフロア (3) 左リヤシート下まで歪み!

 スペアタイヤごと押し込まれてリヤフロア先端部全体が盛り上り、プレスされたみたいに折り曲げられています。もちろん左リヤメンバーも座屈変形しています。K君を呼んで、再立ちしながらのレクチャー開始です。

りぺ 「このフロアは、8千円の鈑金で直るんだよね?」

K君 「見えなかったもんで。」

りぺ 「パッと見の数枚の写真だけで見積してるから、俺も君と同様で見てないよ。でも左クォータの状態から考えて、リヤフロアの損傷は酷いと。場合によっては交換もありえると、少しでも考えなかったの?」「見えないから分からないと言うのは、それは素人の言葉だよ。」

K君 

 波及の痕跡が残るチェックポイントを確認しながら、要所を写真撮りしてもらいます。全体の損傷把握が済んだ時点で、修理方法についてのレクチャー開始です。

りぺ 「よくある一般的な損傷だから、自研センター内の研修で、同様の事故の作業観測はしているよね?」

K君 

りぺ 「答えなくてもいいけど、この場合の一般的な修理方法は、リヤフロアを含めたL字交換になる筈だよ。」「何故なら、合理的に修理方法を考えた場合は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だろ?」

K君 「普通は交換です。」

りぺ 「普通は交換だけど、ロアバックパネル以外は、引き作業だけで修正するよ。正しく引っ張れば、殆ど綺麗に復元する。パテも使わないと思う。」

K君 「できるんですか?」

りぺ 「できるけど、うちの技術料は高いよ。」

K君  「そちらの見積ベースで考えています。でも、お手柔らかにお願いします。」

りぺ 「技術料とは別で、特急料金で2割増しとか付けてくれないか?」

K君  「勘弁してください。」

 まぁこんな感じで、最初の再立ち会いは終了です。

続く
 

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/355-36a3941d
Template by まるぼろらいと