車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.07.27 Wed
 画伝での作業前協定時にUさんから、「ドアのベルトモールだけ、再使用してください。」と言われました。数十年来のお付き合いですから、内情も分かっています。その部分だけ保留で、先送りとしました。最近、あちらこちらの損保の真面目なアジャスターさんから、同様の要望が寄せられます。メーカー修理書に再使用可能と書いてあるそうでして、現場を知らない上司の指導があるみたいです。お前がやってみろと言いたくなります。上手く外れたとしても、半端じゃなく指先痛いんだから

 このブログを読んでる素人さんは、何の話か分からないと思います。写真入りで説明します。ベルトモールというのは、ドアガラスの下の部分に付くモールです。上から嵌め込んであります。取外す時は引き上げますが、プラスチック素材の逆爪が引っ掛かります。新しいうちは柔軟性がありますが、5~6年も経ったら、もう大変です。無理に引っ張れば、簡単に割れます。どう見ても再使用など、カーメーカーは考えていません。新品部品を買ってもらう事を前提に、作っています。

 ベルトモール (1) ベルトモール (2) 両サイドが癌です

 ベルトモール (3) ベルトモール (4) 

 割れた逆爪部分の拡大です。我ながら、汚い指です。

 ベルトモール (5) 

 何十本も引っ張っていると、たまに簡単に引き抜ける時があります。でも大概の場合は、写真の様に引っ張れば壊れます。壊さない様に引き抜く事も可能ですが、半端じゃなく手間暇掛かるし、神経も使います。モール1本外すのに汗だくで、20分掛けてもしょうがないじゃないですか。気の良い鈑金屋さんだと、何とかアジャスターさんの要望に応えようと頑張ります。だから儲かりません。何も考えずに、グッと引き抜いて、壊れたら部品代請求しましょう。仕方ないじゃないですか。これはカーメーカーの責任であって、修復作業している俺達のせいではありません。とにかく、プラスチック部品が多過ぎます



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/352-67612fd8
Template by まるぼろらいと