車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.07.20 Wed
 右リヤサイドメンバー・リヤフロア・ロアバックパネルと、順番に溶接していきます。

 no-to  大破車修正 (16) no-to  大破車修正 (17) 

 塗装前に外装部品を仮付けして、各部のチリを確認します。塗装後の微調整では、パネルを傷つけて再塗装する危険があります。塗装前のチェックが必要不可欠ですが、部品を2回脱着する手間代を、どこに乗せるべきかと迷います。

 塗装後にバックドアを組み付けた時点での写真です。クォータパネルは塗装していません。左は撮り忘れましたが、全てのチリは正常に戻りました。

 no-to  大破車修正 (18) 

 no-to  大破車修正 (19) 

 MASAやん相手に、週一の社内見積勉強会を継続しています。この車の見積を作らせたら、約110万でした。それなりに筋の通った内容です。自分の精算見積書は90万ちょっとです。この金額で協定しました。MASAやんとの金額差が20万ありますが、粗利計算すると、その差は微小です。追加画像の要求もなく一発協定する方が、手間が掛からず得です。

 指数は最低料金です。見積総額を上げても、実際に作業時間が掛かれば、さほど儲かりません。記載項目は、作業しなかければ詐欺です。書いたら作業せざるをえないし、支払い側からの写真要求に応じるのも当然です。技術力で手間を省けるなら、その技術料を分かり易い形で、記載項目の中に如何にして組み込むかがポイントです。見積総額を追う考えだけでは、時代と合いません。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/351-2076bf9b
Template by まるぼろらいと