車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.03.16 Wed
 FC2アクセス解析内に、キーワード検索という項目があります。どんなキーワードで検索して、このブログまで辿り着いたのか、一目瞭然で分かります。よく見かけるキーワードに、【スターラックスCP ふき方】があります。スターラックスCPとは、RM社の超ハイソリッドタイプクリヤーの製品名。悩んでいる方も多そうなので、リペゾウ流の塗装方法について語ります。

 スターラックス (1) スターラックス (2)  

 数年前に、CP(コンプライアンス)と名付けられた一連の製品群が、環境対策用としてラインナップに加わりました。写真のスターラックスCPは、従来のスターラックスの5割増しの樹脂分が含まれています。従来品と比べると、水飴です。希釈状態でも、従来のガン設定では塗装できません。パターン全開で、吐出量も全開。不安を感じて吐出量を絞ったら、即アウトです。粒状の粒子で、塗装面はサンドペーパー状態になります。

 メーカーマニュアルの塗り回数は1回半。最初にパラパラと塗り、次にガッツリと塗りこみます。実質1回塗りです。このクリヤーで戸惑うのは、塗装後の塗り肌の変化です。従来の感覚で塗ると、片っ端から垂れます垂れないまでも、塗り肌はレクサス並みの鏡面肌です。ツルピカ状態で、軽自動車補修では違和感がでてしまい、とてもじゃないが納まりません。

 塗装職人は塗りながら、塗り肌を作ります。アルトならアルトの肌を、クラウンならクラウンの肌を、塗装面に眼を据えて、塗り込みながら作っていきます。粘土を盛り上げていくような感覚で、塗り肌を造形していきます。職人なら、この表現が理解できると思います。でも、そのやり方では、このクリヤーはコントロールできません。根本的な発想の転換が、必要です。

続く


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
のうてんき日和!(亀三)
へ~( ゚Д゚)

職人さんってすごいんですね~。車種によって塗り肌って調整するんですね~。

素人DIY派なんで、技術を盗む機会をうかがってますw
2016.03.27 Sun 17:04 URL [ Edit ]
リペゾウ
3年くらい頑張れば、盗めると思うよん( ̄ー+ ̄)キラーン
2016.03.27 Sun 18:30 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/333-b4f7b366
Template by まるぼろらいと