車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2015.10.07 Wed
 馴染みの業者さんから、フロント回り事故車の修理依頼です。大した事故ではありませんが、車歴20年。各部のボルトは錆錆で、完全に固着状態です

 錆ボルト (1) 錆ボルト (3)

 錆ボルト (4) 錆ボルト (5)  

 無理に外そうとすれば、途中で折れます。先ずCRCを浸透させてから、そっと緩めたり締めたりを繰り返し、徐々に取外していきます。場合によってはボルトの頭に、ピンポイントで熱を掛けたりもします。 途中で折れたら、尚更大変です。脱着指数2.0の作業に、取外すだけで3時間以上を費やしました。

 既に値決めしてある様子でしたので、対応単価10%アップで請求書を作りましたが、実作業時間と合いません。5割増しくらい欲しいですお客様から、「もう古いから、できるだけ安く直してね。」とか、よく言われます。アジャスターさんも気軽に、「中古部品を使ってね」とか言いますが、車歴10年を越えた車では、まともな部品も手に入りにくいです。色褪せしてたり錆びてたりで、手直ししたら新品価格です作業者の視点から言わせてもらえば、古い車ほど、手間が掛かります。同じ作業なら、新車の方が遥かに楽です。難しいところです。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/309-509f0f9a
Template by まるぼろらいと