車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2015.07.29 Wed
 ニコニコレンタカー正式オープン前で、3台が事故代車として貸出しです。そのうちの1台は、基本が2:8の事故。当方のお客様の過失が1~2割ですか。お車の中は、現場作業用の工具で満杯です。レンタカーに荷物を移して出勤しました。もちろん、ご自分の過失分に関しては負担するつもりです。相手側損保に電話して、「レンタカーを出しましたので、そちらの契約者の過失分は、別途請求させていただきます。」と告げたところ、ちょっとした騒ぎになりました。あたりまえの事を言ってるだけなのに、何故騒ぐの?という感じですが…

 「過失割合のある事故に関しては、代車代は支払えません。」とか、「事前にレンタカーを使用する話をしましたか?」とか、「レンタカーは、お客様の要望で出したのでしょうね?」とか言われました。「そちらの話自体が、馬鹿げていませんか?」と切り返しました。レンタカーを使用するしないは、お客様の個人的な判断でしょ。何を根拠に、損保に報告義務があると言えるのですか?事故の為に、車は使用できなくなります。生活の為に、車は絶対必要です。代車を用意するのに掛かる費用を、何故、修理工場がボランティアで、全額負担しなければいけないのですか?理由を知っているなら、是非教えていただきたいです。

 田舎では、車は必需品です。田舎の人は、都会の人みたいに足腰が強くありません。100m先のコンビニにも、車に乗って行きます。街灯も無い夜道を歩くのも危険です。そういう生活スタイルですから、車を使えなければ、生活に支障をきたします。お客様目線で考えれば、代車代も、事故に因って発生する損害です。ご自分の過失分は負担すると言ってるのだから、残りを黙って払うのが当然ですキリッとした態度で言い切って、請求しました。

 田舎で商売する上での代車は、必需品であると同時に、最高の営業アイテムです。だからリペゾウも、せっせと無料代車を揃えました。でも時代が変わりました。30年前なら、新品バンパ1本塗装して、3~4万の料金請求です。代車くらいサービスで提供しますよ。今だと、主流の軽自動車の新品バンパ1本塗装して、1万前後の料金請求です。状況が劇的に変化したのに、昔と同じように納車引き取りはサービス、レッカー出動もサービス、見積もサービス、代車もサービス。これで健全経営できますか?当社では、無料サービスから有料サービスに、シフトしていく事を決めました。

 この件に関しては、もっと掘り下げて書きたいのですが、時期的に余裕がありません。忙しくて夏休みが取れるかどうか、マジに心配しています。仕事がある時に頑張るしかないけど、暑いからなぁ目処がついて一段落したら、続きを書きます。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/297-403a4f2a
Template by まるぼろらいと