車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2015.07.01 Wed
 翌週になってから、低電圧で丸1日充電。バッテリーチェッカーで計測しました。

 バッテリー復活か (1)  バッテリー復活か (2)  CCA124 

 正常に復活すれば、このサイズで250以上ある筈です。電話でT社長に「あれは駄目っす」と告げたら、販売元のOさんがすっ飛んできました。話を聞いてみると、T社長の話と違いました。使用方法に誤りがありました。また聞きは駄目ですねSuper-kは適切に使用されて初めて、劇的な効果を生みます。Oさんは電動フォークリフトをターゲットに、営業展開しているそうです。新品価格50万以上する高額バッテリーを、10万円で性能復活させるという、成功報酬型の提案営業で稼いでいるとの話でした。

 Super-kのメカニズムを、簡単に説明します。鉛バッテリイを長期間使用しますと、電極に硫酸鉛が結晶化して付着します。この結晶は絶縁体ですから、電気を通しません。結果として電極の面積は小さくなり、性能が低下します。バッテリー内に投下されたSuper-kは水溶性で、電極に付着した硫酸鉛の結晶を分解する働きをします。但し分解するには、14.5V以上の電圧が必要との話です。という事は、通常の充電方法では効果がありません。

 正しい使用方法ですが、弱くなってきた使用中のバッテリーに、投下します。走行中の車は、瞬間的に14.5V以上の電圧も掛かります。これを繰り返していく中で、電極に付着していた硫酸鉛が溶けます。真っ新になった電極は、伝導性の高分子ポリマーでコーティングされます。走行中に新たに生成された硫酸鉛は、電極に再付着し難い状態となり、バッテリーは異常なくらい長持ちします。アマゾンのサイトに、購入者のプレビューが沢山載っています。参考にしてください。

 http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B0068Z0BT6/ref=dp_db_cm_cr_see_all_top?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending

 またサンプル品を貰ったので、合間をみて再チャレンジします。先になりますが、また報告します。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/296-9d40665b
Template by まるぼろらいと