車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2015.04.08 Wed
 今日は素人さん相手の、基本的な話です。当り前過ぎて、プロにはつまらない話です。先日、異業種の方と歓談中、出てきた話題です。

 彼は所用で、頻繁にレンタカーを借ります。高速を数百キロすっ飛ばして目的地に着くと、事前に用意していた専用の特殊タイヤに履き替えます。所用を済ませると、また元のタイヤに履き替えて、高速を数百キロすっ飛ばして戻る事を繰り返しています。高速走行の途中でタイヤが外れないよう、十字レンチで、これでもかというほどホイールを締め付けるという話です。聞いた瞬間この方は、きっと何かに守られているのでしょうが、大変に危険です。絶対に真似をしないようにしましょう

 ホイールは車種ごとに、適正な締め付けトルクが定められています。締め付けが弱すぎても、強すぎても、どちらも危険です。適正トルクで締め付けた状態が、最もバランスが取れた状態であり、ナットが緩みにくい状態となります。ナットを緩める時は十字レンチで充分ですが、締める時にはトルクレンチが必要です。ホームセンターで売っている物で充分です。購入して、使用しましょう。

 先日も、ブレーキパット交換で預かったお車のホイールを、外そうと力を入れた瞬間、ハブボルトが折れました。常に適正値で絞めているなら、通常は起こらないです。高速をすっ飛ばしている最中に、こんな状態になったら悪夢です。お車の車検証入れの中に、車種ごとの取扱説明書が入っています。索引で、ホイール(タイヤ)の交換等で引いてみてください。適正トルクが記載されています。通常の普通車なら、10~12キロくらいの数値が設定されています。成人男性だと、60キロ前後は体重があります。十字レンチに全体重を何度も掛けるような状態は、明らかに過剰トルクが掛かります。ヤバイです。

 締め付け過ぎ (1) 締め付け過ぎ (2) 

 ハブボルトだって、折れる時もあるさ。ハブボルトだもの。(りぺみつお)


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/287-347edc25
Template by まるぼろらいと