車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2015.02.04 Wed
 一段と輸入車が増え、修理で携わる機会も多くなりました。一般的な町工場では、輸入車デーラーとの付き合いも薄いです。事故車両が入庫したりすると、悩みます。そんな状況の同業者の方は、下記サイトをご覧ください。

 !cid_part1_00010606_01040107@yunyuusyasiryou.png yunyuusyasiryou-com.ssl-xserver.jp/

 登録は実名ではなく、ハンドルネームでの使用も可能です。基本的には無料で、輸入車に関する各種資料の取得が可能です。

 サイト運営者の臼井さんの経歴は、かなり異色です。現場経験の大半は、各種輸入車の整備にあけくれてます。国産車をいじった経験は少なく、通常とは逆です。某輸入車正規代理店工場長の時代に、ヨーロッパで、某メーカーワールドメカニックの資格も取得しています。メーカーの正規教育を受けていますが、勤務先の実態は町工場。ろくに資料も無い状態です。しかも社長は並行物大好きで、次から次に、あらゆる車種を引っ張ってきます。

 並行業者と正規デーラーの関係は、元々が微妙です。勤務先社長と周辺業者との人間関係も、微妙ですチェックランプが点灯した不動車を運び込び、頭を下げても、殆どが断られてしまう。周囲に頼れない以上は、自力で修理するしかない。一般的なメカニックと異なる経験を重ねる中で、様々なノウハウを身に付けました。臼井さんと話していると、それまでの常識が覆されます。以下、対話形式で語ります。リペゾウはR。臼井さんはUです。

R: 今の輸入車は、メーカーとオンラインで繋がる状態でないと、殆ど修理できないと思いますが?

U: 世界的に見たら、ネットに繋がる環境ばかりじゃないです。ワールドメーカーの場合は、オフライン環境でも修理できる手段を、必ず持っています。

R: Σ(`Д´ )マヂデスカ!?

U: オフライン環境で故障して、その場で修理できなかったら不味いじゃないですか。

R: 確かに!南極大陸のど真ん中で故障する事だってありえますよね。

U: 凡用の故障診断機があれば、皆さんが思っている以上の事が可能です。殆どの方が、使い方を知らないです。

R: なるほど…

 まぁこんな感じで、話が続きました。半端じゃなく、裏の道に詳しいです。人的なネットワークも多彩で、面白かったです。直に話して分かったのは、人の役に立つ事をしたいという気持ちが強いです。もちろん商売として成り立つよう、しっかりと計算もしています。だから応援しようかという気持ちになりました。遊びがてらでもサイトを覘き、登録してみてください。リスクは皆無で、メリットだけあります。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
業界近況    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/275-eafd3f73
Template by まるぼろらいと