車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2014.12.31 Wed
 同業者の飲み会で、某ダイレクト系損保さんの話題が上がりました。「あの会社は酷い。訳の分からない事ばかり言って、話が噛み合わない。」と一人が喋りだすと、次々と賛同の声が上がります。リペゾウも、つい先日の事を思い出しました。話題の某ダイレクト系損保さん絡みの、修理をしたばかりです。

 Mダイレクト写真 (1) 左Rrドアからクォーターにかけて擦傷です。

 各パネル板金修理で画伝したところ、「作業途中の追加画像をお願いします。」との電話です。エクボ程度の凹みに、新品パネル交換見積なら、追加画像の要求も理解できます。でも板金修理の見積で、作業途中の画像が必要でしょうか?一昔前のリペゾウなら、怒って抗議しましたでも人間ができてきた今は、一切の抵抗はしません。作業途中の追加画像を、先方の要求枚数だけ送ります。

 Mダイレクト写真 (2) ムーブ塗装風景M 
 
 必要外としか思えない追加画像は、1枚5百円で販売しておりますもう20年くらい前から、原則的には、写真代を請求していません。修理代を請求する側として、請求の根拠を提示するのも当然と考えます。但し損傷状態が明確で、作業方法も問題無い筈の内容での、更なる追加画像の要求は、必要外の行為です。大概の既存損保さんなら、この程度の損傷は、電話で見積内容を確認し、その場で着工前協定です。そういう話もせず、追加画像だけ要求する理由を考えますと、電話の向こうの相手は素人さん?としか思えません。写真が揃っていれば良いのでしょうか?

 適正な損害額の算出は、継続的に専門教育を受けた方でないと務まりません。聞くところによると、最近の2級アジャスター試験は難しくて、東大入試より合格率が低いそうです。必死になって勉強しても、なかなか受からない。そんな大変な資格を取得させる為の、人材育成費用は莫大だと思います。既存損保さんの多くは、日本各地に立派な研修センターを持っています。衝突試験が可能な設備まで、保有している会社もあります。維持費も半端じゃないでしょうが、この様な部分は陰であって、一般の生活者の眼には映りません。でも適正金額をスムーズに支払う体制作りには、影の部分への投資が重要です。

 ここ数年の、ダイレクト系損保さんの勢いは凄いです。毎年のようにシェアを伸ばし、その分だけ、既存損保さんが喰われる状況です。同一条件で見積ると、確かに安いです。生活者サイドから見れば、魅力あるのも分かります。でも、リペゾウの様なプロから見た場合、掛金の多寡が、保険会社の選択基準となるのは違和感があります。保険で一番大切な事は何かと言ったら、適正な支払いに尽きます。いざと言う時に、損害に見合う適正金額を、スムーズに支払ってくれる。そんな保険会社が一番です。

 某ダイレクト系損保さんも、もう少し損害調査に経費を掛けて、電話の向こうにプロを置いてもらいたいです。節約する部分を、勘違いしているとしか思えません。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/270-08dd2fdf
Template by まるぼろらいと