車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2014.12.24 Wed
 翌朝一番で、アジャスターさんに電話。Nさんの意向を伝えました。続けて、事故の原因を作った加害者の方にも電話を入れ、話合いの場を持ちました。この先は話せません。推測してください。多少の手間と時間は掛かりましたが、Nさんの希望どおりに、リビルトミッションと交換できました。

  ミッション取替 (2) ミッション取替 (1) 新旧並べて撮影

 疑わしいだけでは交換を認めないという理屈は、リペゾウも理解できます。契約者から預かった大切なお金を使う訳ですから、支払いに慎重になるのは当然と思います。でも一筆入れる事もできないというのは、どう考えても納得できません。損傷部の写真を細かく撮影し、詳細な記録を取っています。オイル漏れが発生した時点で見比べれば、今回の事故が原因かどうかは、容易に判断できる筈です。

 子供の頃からつき合いのある友達でもない、全く赤の他人です。問題が発生した時点で対応しますという口約束だけで、皆さんなら納得するのでしょうか?保障の範囲を限定した文章があれば、実際にミッション交換しなくても、Nさんは納得してくれた筈です。加害者・被害者・損保・修理工場、4者間の総体的な満足感も、より高かっただろうと思われます。

 このブログを読んでいる方の中には、損保関係者もいると思います。補償の範囲と期間を限定した文章を作る事は、さほど難しい作業ではない筈です。今後は柔軟な対応を、是非とも検討していただきたいです。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/269-10f8b875
Template by まるぼろらいと