車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2014.10.15 Wed
  近頃、損保の社員さんと話していると、勘違いしてないの?と思う時が多々あります。ファンクラブ相手の商売で、どこにも遠慮する必要無い身ですから、本音で語ります。つい先日、友人のS君の車を預かりました。車両保険での修理です。損保のお姉さんから入庫確認の電話が入り、損傷状態を聞かれました。 

 AMGフード (1) AMGフード (2) 

 「フロント回りが酷いね。ボンネットはボッコリと凹んで、Frグリルは割れてるし、バンパも傷が入って変形してる状態だよ。」と答えたら、いきなり「バンパは修理できますよね。」ジャブくらいました割れてるグリルは、バンパに組み込まれています。取付部が裂けてる可能性もあり、分解してみないと判断できません。修理可能かどうかの話は、せめて写真か実車を見た後にしてもらいたいです。

 S君に電話して、「初っ端の電話で、実車も見ないで、修理でやってくれと言われたぞ。」と告げたら、「保険料を、あんなに払っているのに、ふざけている。」とブーたれます。1千万を越える車だから、そりゃぁ保険料も高いでしょう。気持ちは分かります。常日頃、お客様の為とか顧客満足第一とか言うわりには、契約者の気持ちに疎いです。

 その前週の、某損保からの電話も奇妙でした。何の話かと思ったら、当社に入庫した事故車の、レッカー代が高いと言います。お客様が直接依頼したレッカー屋さんで、当方は無関係な事を説明したら、事情が分かった様子です。しかし、消費税込みで5万ちょっとの請求が、目くじら立てるほど高いのでしょうか?

 事故現場から当社まで、15キロ以上あります。距離も考えれば妥当と思えます。どうして高いと思うの?と尋ねたら、今どき5万を越えるレッカー代は、滅多に見ないとの返答です。どうやら請求書の内訳ではなく、総額が問題みたいです。値引き要求したら、拒否されて言い争いになった様子です。リペゾウにしてみれば他人事ですが、値引き当然口調が気に掛かります。

 余計なお節介でしょうが、一言申し上げておきました。「そのレッカー屋さんと、特別なお付き合いがあるの?無かったら、頭から値引き要求する方が変だよ。請求料金も、俺には妥当な金額としか思えないな。その金額で高い高いと言われたら、相手だって怒るのは当然だし、少し考えた方がいいよ。」と言ったら、「そうかなぁ?」との返答です。でも少しは考えてくれたみたいで、その後の入金までの事務処理は早かったです。

 損保の経営も大変だろうけど、レッカー屋さんもエンジン屋さんも鈑金屋も、どこも厳しいです。濡れ手に粟で儲かっているような会社は、リペゾウの知ってる範囲にはありません。皆さん、真面目に商売しています。自分の都合ばかり言わずに、お互い様の気持ちを持って付き合いたいです。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/259-448b8c2e
Template by まるぼろらいと