車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2014.06.25 Wed
 リペゾウがBP業界に入ったのが、1970年代半ば。ちょうど、自研センターが設立されて間もない頃です。職歴と自研指数の歴史が、オーバーラップします。当事、周囲にいた諸先輩方達の大多数は、まだ自研指数の存在すら知りませんでした。取引先デーラーから、各種の工数表等を頂く事もできましたが、今と比べれば、料金算出はアバウトです。相手との人間関係や地域相場が、大きく考慮された時代でした。現在でも名残はありますが、損害額の多勢が、曖昧な部分で決まっていました。

 損害額の認定は客観的に公平で適正である事が求められます。過剰でも過少でも、どちらも不味いわけです。公共性を求められる損保としては、当事の状況は容認し難かった筈です。このような状況下で設立された自研センターの主目的は、損害額算出の基準となる、客観的に公平で適正と思われる「ものさし」作りです。

 世の中には、実にたくさんの種類の車があって、同一車種でも車歴により程度は様々です。事故状況も様々で、損害状況も様々です。修理方法、使用工具、使用材料も工場により様々です。修理時間も職人さんによって変わります。遅い人もいれば早い人もいます。このような状況下で基準を作ろうとすれば、修理時間に関わる様々な要素を分類し、各々に最も一般的と思われる条件を設定する事で、モデルケースとしての修理時間数値を算出する事を考えます。これが指数です。

そして、モデルケースの数値を参考にして、個々の損害額が適正であるかどうかの判断をする事が可能になります。このような観点から、最初の指数である脱着取替指数が作成され、試験運用から考えれば、既に40年の歳月が経とうとしています。内容も変化し種類も増えましたが、指数自体の基本は、作成当初と変わらないと聞いています。ならば、「標準作業者が標準工場で標準車両を標準作業工程で、標準部品を使用し、標準作業速度で修理作業した場合の正味時間。これに準備時間や余裕時間を考慮して、作業単位毎に作成された標準作業時間。」これが指数です。

  指数は損害額算出のために作成された、モデルケースとしての数値=「ものさし」 。前提条件が変われば、数値自体も変化します。自研センターと、全て同一の前提条件で実作業が行われる事は、通常は考えられません。ですから指数は、実作業および作業時間との間に、必然的に乖離が発生します。指数1.0の作業を2時間でやるとしたら、明らかにおかしいですが、1.1や1.2くらいの作業時間なら、前提条件が違う中での作業ですから、矛盾なく整合性もあります。

 30年前の指数普及期に於いては、指数は「ものさし」として機能していました。損保と修理工場、立場の違う両者をアジャストしていくからアジャスターと呼びます。各アジャスターが「ものさし」と見比べて、修理額が適正であるかの判断をします。現場アジャスターには専門職としての権威があり、話し合いでの調整余地も、ふんだんに与えられていた時代でした。

続く


 FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/242-8cbfb69f
Template by まるぼろらいと