車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2014.03.26 Wed
ショコラティエは、チョコレート専門の職人さん。評判の高い方が、隣接する長泉町に居るとの噂。お店の名前は、オウ・ルージュ。ネットチェックすると11時開店なので、111時30分に到着。ワクワクドキドキしながら車から降りたら、お店の方が張り紙をしています。そこには「本日完売」

 オウルージュ (1) まだ開店から30分でしょ

 諦めきれずに、店内に突入。ショーケースは、見事に空です。リペゾウと入れ違いに出て行った方は、CCC(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)つまりフランスショコラ愛好家協会日本支部の会長さん達との話し。評判を聞いて、東京から視察に来たそうです。美味しいチョコを毎日食べているだろうに。ポッキーご用達のリペゾウに、せめて1粒くらいは残しておく優しさが欲しかった

 オウルージュ (2)  オウルージュ (3) 空

 「うちのチョコは、常連さんでも、なかなか食べられないです。残っていたら奇跡と、言われています。」との話し。ますます妄想が膨らみます。オーナーショコラティエの足立さんは、伊豆の生まれ。高校生の頃は既にテンパリングしてたという、チョコ一筋の職人さん。話しだすとテンションが上がってきて、小さな子供みたい雰囲気に変わります。

 「最初から最後まで自分一人でやらないと、微妙に味が変わるから駄目です。だから人は雇わない。」との話し。拘りは半端じゃない。価格も、東京の一流店並み。田舎町の立地条件で、この強気。しかも成功している。若いけど、大した奴だなぁと感嘆ですそれともう一つ、足立さんは面白い事を始めてます。この話は次の機会に。先ずはチョコを食べてからです


 FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/231-5c1e767c
Template by まるぼろらいと