車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2014.02.26 Wed
 アバンチュールな日々を過ごすつもりが、風邪を拗らせてしまいました。あちらこちらと予約を入れていたので、直前キャンセルできずに強行。余韻でふらつきながらも、仕事しています話を切り替えます。水性塗料100%に切り替えて、もう3年目。 最近になり、水性塗料も悪くないなと、心境に変化が訪れました。改めて振り返ります。

 導入当初は、ノイローゼになるかと思うほどのプレッシャーです。2Kで年間500台前後の補修塗装して、再塗装するのは1~2台。それが水性塗料に切り替えたら、半分は再塗装です。そこそこは吹けますが、思う様な仕上りには程遠い。ゴミは沢山付いているし、色味もメタ感もイマイチ。微妙に斑もあるし、なんか汚いお客様がどうこうの前に、自分自身が我慢できない

 ゴミをタッククロスで除去しようとすれば、筋が残り原色特性もイマイチ掴めず、メタ感は出過ぎるし透かしで微妙に斑も発生してとにかく失敗の連続です。2Kの倍の手間暇を掛けて、結果がでないのにはガッカリ。メーカーマニュアルも、かなり弄りました。様々な試みをして、時には上手くいったと思っても、安定しません。導入は早すぎたかと、後悔しながら使い続けるうちに、少しづつですが、変化が訪れます。自覚できる様になったのは、導入後20ヶ月くらいで、この辺が境目です。

 メーカーマニュアルやカラーデーターを、基本的には弄らなくなりました。少しづつですが、仕上がりが安定するようになってきました。ボカシ塗装の範囲も狭まってきて、ゴミも大幅に減少しました。徐々に作業時間の短縮も進みます。導入直後と現在とで、何が違うのかを考えてみると、作業自体に大きな変化はありません。やっている事は同じですが、感覚が違います。頭の中の知識と、作業中に目から入る情報、そして手の動きの3つが、スムーズに連動するようになってきました。塗りながら様子を見て、無意識のうちに補正している状態です。習うより慣れろとは、よく言ったものだと思います。次週ですが、導入検討中の職人さんの参考に、実務上の注意点を書き出してみます。
 

 FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/226-90e76284
Template by まるぼろらいと