車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2013.10.23 Wed
 指数で貰える金額は決まってるから、指数1.0の作業を30分以内で終わらせよう。こんな風に考えた鈑金屋さんは多いと思います。生産性を上げる為に必要な設備投資を行い、最適な塗料や材料を揃える。技術研修にも積極的に取り組み、確実に社員の技術レベルも上がった。なのに予想してたほどは売上が伸びない。リペゾウも嵌まったパターンです。盲点がありました。

  リペゾウ、生産性の限界について語る!

 
1台の損傷車を修復するには、様々な作業が必要です。脱着取替指数、外坂板金修正指数、補修塗装指数、内板骨格修正指数の4種類の指数で、修復に必要な全作業の95%は網羅してると思えます。指数に記載されている作業内容を見ていくと、生産性を上げるのが容易な作業と、逆に困難な作業に大別できる事が分かります。例えばクォーターパネルの取替作業です。

 キューブ クォーター  指数で7.0ですが、半分の3.5で作業できますか?

 脱着取替指数に記載されている数値は、かなり厳しいです。作業者はメーカーマニュアル等を事前に読んで、作業手順を確認してからスタートします。それでもギリギリですよ。先日も、スパイクのアウターハンドルを外そうとして、裏の止めピンを抜くだけで10分が過ぎ去りました。おおよそのピンの位置は分かっているが、工具の先端が掛からない指数0.2の作業ですが、慣れないと難しい。脱着取替指数に関しては、熟練職人でも、大幅な時間短縮は困難です。

 逆に外板板金修正指数の数値は、熟練職人にとっては達成が容易です。叩きだし等で損傷パネルを成形し、ポリパテ1回仕上げでプラサフ塗装できるレベルまで持ちこむ。損傷部の形状等にも寄りますが、指数の半分以下で、作業を終える事は可能です。熟練職人の真価が、最も発揮される部分です。

続く


 FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします 

    
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/210-7e11446c
Template by まるぼろらいと