車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2013.10.30 Wed
 補修塗装指数で時間短縮できるかどうかは、お客様しだいです。解り易い一例を挙げます。

 2013_10020002.jpg Frドア補修塗装例です。前後ドア間に、色差が発生しています。

 Frドア上部及び後端部に、カラーベースは入っていません。クリヤーコートしただけで屈折率が変化し、色差が発生します。防止には、クリヤー塗装のボカシ作業が必要です。作業余地が無くてブロック塗りすれば、今回の様な結果になります。仕上りレベルへの要求が高ければ、Rrドアまで塗装し、作業量は一気に増加します。

 最後は、内板骨格修正指数です。
修正機へのマウント・ディスマウントが0.9で、計測が0.6です。フレーム修正が上手くできるかどうかは、固定と計測で、8割方が決まります。車体を固定する作業自体が、修正作業をも含みます。これらを考慮した数値とは思えない。指数に含まれる作業の時間短縮は可能ですが、元々の数値自体が厳しいから,高が知れています。

 2週に亘って、長々と書きました。冷静に観察すれば、生産性を大幅に引き上げられる作業は、
修復作業全体の一部です。となると、単純に生産性を追求するだけではコストばかりが上昇し、期待してるほどの粗利益達成は困難です。技術研修も付加価値を高める、つまり技術料を別途請求できる類が望まれてきます。

 指数順守では、職人さんの平均年収は300万台で止まると思えます。公的資格を幾つも持ち、経験年数も必要な技術職としては、悲しい数字です。もちろんガンガンと残業すれば、これは別の話。個人営業で仕事が趣味なら、それも良いでしょう。サラリーマン職人だと労基が厳しくて、2000時間働くだけでも大変です。

 それに世の中には、仕事以外にも楽しい事が沢山あります。ショーを見たり、スポーツしたり、本も読みたいし映画も見たい。美味しい食事もしたいし、そういえば最近は美味しいフレンチ食べてないなぁまぁ何をするにも時間が必要。仕事ばかりでは、人生がもったいないです。


 ここでやっと、前置きが終了しました。
次から本題に入ります。暫く小休憩で別の話題とし、11月20日から再開します。まだまだ思考は続きます。



 FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします 

    

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/209-2934c3d5
Template by まるぼろらいと