車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2013.08.28 Wed
 ホームページを見て、ご来店のSさん。お車の状態は酷く、パッと見で15~20万の修理金額が必要です。車両保険未加入で、自腹修理との話。中古部品を使用して、10万くらいで抑えたいとの要望。そのままお預かりしました。

 ベリーサ Sさん (2)  車体色は白の3コートパール

 主な作業内容は、Frバンパ脱着、バンパカバー亀裂修理、バンパーカバー磨き修理、左ヘッドランプ脱着、ヘッドランプユニット破損部の溶着製作、左Frフェンダ中古取替、左骨格部鈑金、各部防錆タッチアップ処理…といったところです。

 同色の中古部品が、全く見つかりません。しかたなく色違いのフェンダを購入して、塗装します。メタリック・パール系は、周辺パネルまでのボカシ塗装が基本。今回はボカシ塗装無しで、ブロック塗装で処理。事前にSさんから、「多少の色違いなら我慢する。」と言われています。多少の色違いという表現は、微妙です。

 調色作業は20分以内と、決めています。カラーカードだけで、2万色近く保有。それを17年前から、エクセルベースでデーター保存。カラーコードから検索して、近似色のカラーカードを拾い出し、その中でも一番近いカードデーターで計量。カラーカードの比色時、赤味が気持ち足りなかったので、779の赤原色を0.2g追加しときます。試し吹きすると、許容範囲内に入ってます。

 ベリーサ Sさん  パネルをブロック塗装して、乾燥後に組みつけ

 フェンダを基準に見ますと、ボンネットは黄ばみが強く、ドアは赤味が強いです。ボカシ塗装すれば、判別できなくなる範囲の色差。水垢が府着してくれば、大概の方は色差に気づかないと思います。Sさんに見せたら、喜んでいただきました。「良心的に対応してくれて、ありがとうございます。」と言われ、恐縮の限りです
 


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/198-b78679db
Template by まるぼろらいと