車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2013.06.19 Wed
  軽1BOXのフロント事故。作業前の事前見積作成で、悩みます。ダッシュパネルの裏側の状態は?パネル裏側に、思いを馳せます。

 アトレー ダッシュ裏 (1) アトレー ダッシュ裏 (2)  

 局部的な変形は、各所にありますが、パネル全体が湾曲するほどではありません。ベンチレータールーバーやフロントガラスも無傷。クーラーコンデンサーの損傷は激しいが、ラジエータはシュラウド破損程度です。とりあえずブロアユニット類は、点検項目で計上しました。作業に入り、インパネを外したところ想像以上の破損です。

 アトレー ダッシュ裏 (3) アトレー ダッシュ裏

 ブロアユニットもエアコンディショナユニットも、ケースの各処にヒビが入ってます。アウダの分解図で見ますと、ブロアユニットケースの補給部品は設定されていますが、、エアコンディショナユニットはASSY供給になっています。メーカー系列の部品部に電話問合せたら、やはりASSY供給という返答ですが

 
13.jpg DENSOスッテカーが貼ってあります。

 部品部からデンソーに問合せてもらうと、ケースの補給部品が出るとの話しです。デンソー製品に関しては、かなりの範囲で補給部品が、設定されています。エアコンディショナユニットのケースだけなら、部品金額は3千円ちょっと。必要以上に修理金額を上げない為にも、再確認させた方が良いです。

 事前見積作成時、例えば奥に10ミリ後退していたら、衝突の瞬間は20ミリ近く後退したと仮定します。事故時の隣接パネルや付属品の状態を、イメージしながら見積ます。今回のケースでは、想定以上の損傷状態。
未作業で損害認定だけだったら、ブロアユニット等の取替計上できたか疑問です。立証も必要だし、難しいなぁ



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/191-2e53d1d1
Template by まるぼろらいと