車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2013.04.10 Wed
 真新しい軽の大破車修理をしていていつもと違う。

 タント Fr回り損傷  タント Fr回り損傷 (1) 

 このパターンの事故修理は、相当数をこなしています。クラッシャブルポイントは概ね定まっています。外観観察だけても、骨格部位の損傷状態は想像できると思っていましたが…今回は、予想を大きく外しました

 タント Fr回り損傷 (2)  タント Fr回り損傷 (3) 
 
 タント Fr回り損傷 (4)  タント Fr回り損傷 (5) 

 右フロントサイドメンバー先端エクステンション部の損傷は軽微ですが、ストラット後方のダッシュパネル手前に座屈です。下から覗くと変形の激しさが分かりますが、中間部分に大きな変形が見られません。左フロントサイドメンバーも、奥で外側に折れています。損傷の現れ方が、変化しています。メンバー内部のリインホースメントの強度が、相当に高いという事でしょう。見積作成時は必ず、エンジンルーム下側からの観察もする方が無難だな。




 FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします 

    

スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/180-0da6c526
Template by まるぼろらいと