車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2013.01.30 Wed
 お客様と一緒に補修部を確認したところ、フード先端2ミリくらいに、薄らと黒い点の様なシミが見えます。光が当たると、反射で消えそうな気もします。パールベースの最下部に埃が付着し、透けて見えています。他にも3箇所ほど指摘されましたが、これはパールベースの粒子と思われます。他より粒が大きく見えます。こちらは、顔を近づけて観察しても、視力が悪いと見えないんじゃないかな。

 「塗りなおしてもらいたい。」どう返答すべきか迷いました。鈑金屋は修理技術と同時に、満足感を提供している側面もあります。お客様は明らかに満足していない状態ですから、クレームとして再塗装しようかな部品込み30万余の入金も滞ると思うし…短時間に様々な思いがよぎります。で結論として、「クレームでの再塗装は無理です。作業には追い金が必要になります。」とお答えしました。

 クレームとして請けてよい思いもありますが、直して当然と思われてるのが引っかかりました。保険対応で支給される修理費は、最高レベルの仕上りに対応するものではありません。はっきり言ってしまえば、そこそこレベルの仕上りに対応した金額しか支給されません。貰える金額が決まっていても、職人根性で必要以上に頑張ります。この辺りを理解してもらえないと、クレーム修理しても当然と思われるだけで、そこから何も生まれません。

 先日も単純なFrバンパーカバー取替で、新品カバーを加工しました。スポイラーとの間に、部分的に隙間があるとのクレームです。部品に調整の余地がゼロです。新品部品の取付け穴を削り、微妙に位置をずらしての対応です。作業するのはかまわないが、作業の対価の請求を、どうするかで悩みます。正直に、新品部品の加工料金を項目計上したら、大概のアジャスターさんは勘弁してくれと言います。

 現場作業者としての立場から言いますと、仕上りレベルを一段引き上げる事は、感覚的には倍の手間を掛ける覚悟が必要です。新品パネルに色を塗るだけでも、1パネルで30万だ40万だという世界が現れます。車格に関係無く、クリヤー塗布だけでも1パネル10万以上を請求できないと、採算ベースに乗らないんじゃないかな。軽自動車なら全損ばかりで、仕事が無くなります

続く


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/170-6c05a3a5
Template by まるぼろらいと