車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.11.28 Wed
 やっとオニキスに慣れてきました。この塗料の大きな問題点は、ウェットコートとドライコートでの色差です。従来のダイヤモンドにも色差はありましたが、比べ物になりません。

 基本的には、ブロック塗りで調色します。カラーデーターも、この状態で作られています。実際の塗装作業の大半は、ボカシ塗装です。ブロック塗装時と比べると、どうしてもドライコート気味になります。つまりブロック塗装でピッタリの調色をしても、ボカシ塗装すると駄目という場合が出てきます。もちろん、色によっての差はありますが、現行マニュアルに忠実な作業をしても、ボカシ難いという評判が出るのは当然な気がします。

 解決策としては、ボカシギワもウェットの状態を保ちながら塗装できれば良いわけですが、これが実に難しい。で、BASFのフィールドセールスの金沢さんと、1時間ほどのミーティングを行いました。その結果、作業内容を全面的に変更(ガン設定は岩田のW400でパターンは全開、吐出量は3回転、空気圧は1.5)。問題点はクリアできました。金沢さん、ありがとう

 変更後の作業実例が下記写真です。最初の1回目でサフ部分を隠蔽。赤味が強い様に見えますが、乾燥してくると、3枚目の写真の様に変化します。次は馴染みクリヤーで割ったベースコートを使用して、ボカシ塗装を1回。合計2回塗りで、ベースコートは終了です。当日は雨降りで、気温16度、湿度は69%でした。

 ムーブラテ 1  ムーブラテ 2  

 ムーブラテ 3  ムーブラテ 4  メタ感もピッタリ

 この塗料のパフォーマンスは、相当に高いです。慣れてくると塗り回数は激減し、使用量は信じられないほど少量になります。しかしマニュアルに未完成部分が多々あって、使用が難しい。従来のダイヤモンドのマニュアルなら、ずぶの素人を3ヵ月で塗装職人に変える事が可能だった。早く改善してもらいたいし、サポート体制の強化も希望します。


  FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/162-a8752bcf
Template by まるぼろらいと