車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.07.25 Wed

 5名づつの3班に別れ、インバータ脱着作業を開始。各班に講師の方が付き、要所要所で、的確な指示が出ます。自分達だけで作業したら、きっと3台揃って燃えたと思います。取外し時の保護の仕方やボルトの分別、取り付け時のトルク管理、冷却水注入時のエア抜き注意点等、事前知識も無い状態で作業したと考えると、ゾッとします。感電、インバータ破損、電磁ポンプ破損、HVコンピューター破損、メインコンピューター破損、車両火災…作業ミスから予想される結果は、どれも重大です。

 30 プリウス エンジンルーム  30 プリウス インバーター 取外し

 30 プリウス インバーターステ  30 プリウス インバーター

 30 プリウスインバーター取り付け バネ式の トルクレンチは必携っす

 この作業は注意点が多く、気を使います。作業者は、事前の低電圧取扱者取得も義務付けられています。その割に作業工賃は安く、自研指数は0.7慣れると30分前後で終了する作業ですから、時間計測だけで判断するなら妥当な数値と言えます。しかし作業リスクは、かなり高いです。一般的な感覚でいけば 別途に危険手当てくらい付くんじゃないかなぁ…

 現場作業者の実感として、自研指数は、作業の難易度や付加価値が、反映されているか疑問です。作業者個人の主観が入る部分ですから、物差しとしては組み込み難いのかなぁ。個々のケースで、アジャスターさんと話し合って解決するしかないでしょう。なんか書いてるうちに、話が逸れてきました。

続く


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/142-2138b711
Template by まるぼろらいと