車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.05.02 Wed
 飛び石で愛車を傷つけたYさん。これまで事故した事も無く、どこに修理依頼するかも分からなかったそうです。ネットで検索して、ご自宅の近所に当社がある事を知っての来社。T社の車両保険に加入していましたので、保険対応の修理でお預かりしました。

 ミニ 飛び石  ミニ 飛び石拡大

 飛び石が原因の虚偽事故が多発している状況です。この程度の損害なら画像伝送での対応が一般的ですが、アジャスターのUさんが立会いに来ました。作成してあった事前見積書を手渡し、一通り写真を撮って終了です。その日の夜、Yさんに事前見積書をメールで送り、内容を簡単に説明させてもらいました。Yさんから「もっと掛かると思っていました。工賃が安過ぎると思う。この金額では申し訳ないから、もっと沢山、請求してください。」とのお言葉を頂きましたなんとまぁ、ありがたきお言葉かさっそく次の日の朝一で、Uさんに、「昨夜、お客様から、このうようなお言葉を頂いた。よく考えてみると、あの見積は安過ぎたと思うから破棄してね。これから書き直すから。」と言ったら、Uさん絶句です。

 その日、当社にYさんが寄りました。T社からYさんに電話が入ったそうです。Yさんは言ったそうです。「やたらに値切る様な事をしたら、T社から他社に契約を変えるからね。」これまで保険を使った事のない優良顧客からの言葉ですから、T社にとっても重かったと思います。T社からリペゾウに、UさんとKさんの二人から電話が入りました。「支払い総額が多くなると、来年度の保険料全体に影響します。その辺りも考慮してください。よく考えてお願いします。」との事でした。何処の会社にとっても、お客様は神様です。その一言は重いです。

今回の件で改めて感じたのは、我々BP業者は、生活者を巻き込む経営展開をしなければいけない という事です。BP業界の最大の問題点は、価格決定権を持っていない事です。実際に汗を流して修理しているのは我々職人ですが、価格の大部分は、我々自身から離れた場所で決められてしまっているのが現状です。自分達で作った相場ではなく、与えられた相場の中で商売しています。本当の意味での適正価格とは?生活者も交えて、皆でブレーインストーミングしたいテーマです。




FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/130-468f2168
Template by まるぼろらいと